プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
母が帰ってきて、3日・・・

初日は。。。
母を枕元へ連れて行ってしまった私。。。

入院中、いつも一緒のベッドで寝ていたあの時を
思い出し。。。

そう言えば、母が闘病中2回目の退院のときだったなあ・・・
明日は入院って前日、母のベッドの隣に布団を敷いて、手を
繋いで寝たっけ。。。
その時お母さん。。。このまま入院するの辞めちゃおうか~、
このまま○○(←私の名前)と手をつないでいたいな・・・  って。。。

お母さん、○○のためなら、こんな病気なんてきっと治せちゃう・・・
ううん。。。治してみせる。。。

そう言って、ギューって強く握り返してきたあの母の手のぬくもり。。。
力強さ。。。
すべてが、つい昨日のことのように思いだされます・・・

一つ一つの事が鮮明に蘇ってきました・・・

お母さんの愛情に包まれていたんだな。。。
『死』の恐怖を必死に隠して、それ以上の愛を私に
注ごうと一生懸命 生きてくれたんだなぁ。。。って
改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました・・・ 

やっぱり、いつまでたっても母への感謝の気持ちは。。。
日がたつごとに・・・母への感謝の気持ちが募る毎日です。。。

お母さん、本当に、本当にありがとう・・・

これからも、よろしくね。。。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
こんばんわ。。。

あと少しで、母が帰ってきます。。。

お母さん、あとほんの数日・・・

あと少し・・・あと少し・・・

指折り数えて待ってるよ・・・

さて、母を通じて私はたくさんのことを学びました・・・

このブログでもたくさんの方の温かいお心遣いをいただいてきました・・・
今日は、皆様にお礼を伝えたいと思います。。。


ここには、ご自身が闘病中の方、そして私と同じように大切な誰かと病気で闘った方、闘っている方。。。がたくさんおとづれてくれています・・・

母と私の闘病中。。。
ご自身も闘病中なのに、いつも励ましてくださっていた方がいます。。。
ある時、頑張っているあなたを抱きしめてあげたい。。。

そう、コメントしてくださりました。

そして、先日も、また別の方が。。。

お母さんにはなれないけど、抱きしめてあげたい・・・
と、コメントくださりました・・・

久々の更新を、良かった。。。と安心してくださる方も・・・

母の闘病中もそして、母が亡くなった今も、たくさんの方の温かい心に支えられて、そして、何よりなんだか本当に母がそう言ってくれるような気がして。。。

気づくと頬を涙が伝っていました。。。

この場をお借りし、ここに訪問してくださる皆様にありがとうを伝えたいと思いました。。。

母の闘病中もそして、今も変わらず私のことを気にかけてくださる皆様、いつもありがとうございます。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/8
今日の目覚めは最悪でした。。。
ものすごい頭痛で。。。やらなければならないことが山のようにあるのに・・・
うかうかしていると年を越してしまうのに・・・

明日はしっかりしなければ・・・

さて・・・
今日は母が起こしてくれた奇跡についてお話しようと思います。

治療中、8月半ばに早ければ今月、もって来月あるかどうか・・・そう言われた後、奇跡的に回復を見せてくれ、その後タルセバ治療まで取り組めました(結局効果は0でしたが)
その後、自宅近くの病院へ転院した後も、ホスピス待ちの間に危ないと言われ・・・
ホスピスに移ってからもお別れが近いと言われ・・・
結局その後も頑張り、初めにもう危ない・・・と言われてからは・・・4ヶ月近く踏ん張ってくれました・・・。

これも十分過ぎるほどの奇跡ですが。。。

母が起こした奇跡は。。。すべてのタイミングが最善だったと思えることです。

もちろん、66歳で逝ってしまったのは早すぎる。。。そう思いますが、おばに私はこう言われました。。。
もし、あなたが結婚していたり、子供がいたらこんな風に24時間付っきりでの看病は出来なかったはず。。。あと何年か後だったらきっと、こうは出来なかったでしょう・・・あと何年か早くても・・・(以前にも触れましたが私は数年前に離婚してしまいました)

だから、精一杯やれるのはこのタイミングだったんじゃないかな?あななたち母娘はきっとこういう最後を迎える運命だったのよと。。。

そして、旅立った日も・・・
翌日の朝食から食事はなし。。。誰よりも私の体の事を気にしていた母。
大丈夫だと言っても、きちんとしたものを食べているのかいつも気にかけていた母。
きっと、私の健康を気遣って私が売店でインスタント食品を買い込む前に。。。って旅立ったのだと思います。

それに、昨日も触れましたが献体の時期も。。。
後少し遅かったら再来年までお別れでした。
今年の1月になくなっても12月に亡くなっても私の元へ帰ってくるのは同じ来年・・・
つまり母はギリギリまで私との時間を長く過ごしてくれた。。。
そのタイミングを選んでくれた(このことは母が亡くなって献体事務局の方に言われるまで知りませんでした)

他にもたくさん・・・
母が亡くなってしまったのは悲しいことですが、必ず迎えるその日を母はベストのタイミングをしっかり見計らって逝ってくれたんだ・・・そう思うと何だか気持ちがスーッとします。。。

ありがとうお母さん。。。これからも見守っていてね・・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←応援いつもありがとうございます。

皆様のたいせつな人が・・・皆様が・・・1日でも元気に過ごせますように・・・。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/7
母が亡くなってまだ3日。。。何だかもう、何ヶ月もたつような錯覚に陥ります。
入院中は、1日があっという間だったのに・・・
悲しい気持ちはありませんが、ただただ会いたい。。。眠れば夢の中で母に会えるかもしれないから・・・とそんな期待をしてしまったり。。。この気持ちが大切な人を失ったときに感じる気持ちなのでしょうか??

ぼんやり母との最後の一週間を思い出してみました。。。

私の顔を見て『良い子に育ったね。。。』とか私が『お母さん、大丈夫?』と聞くと『大丈夫』と必ず決まって答えてくれた母。その答えに安心してニッコリ笑う私に『ほ~んと、素直になったね・・・』としみじみ言ったり。。。

1ヶ月以上も病院にいて、前髪が伸びた私は、ピンで前髪を上げていましたが。。。その私のおでこをやさしく撫で、この方がスッキリして良いといって笑ったり。。。

今にして思えば、これまでは言葉にして言わなくても互いに通じていた感情を母はこの頃、素直に口に出していたように思います。

お決まりの『一緒に頑張ろうね』の私の励ましにも必ず頷いていました。。。寝ていても。。。

最後の日の夜も。。。思い出したことがあります。。。

目を覚ましてすぐの母に私は泣いてしまい、その私に向かって『お母さんは大丈夫だからないちゃダメ。。。』と言っていました。
実はこの後の会話も今にして思えば。。。と言うものです。
このときのいつもの様に『泣いてごめんね。。。一緒に頑張るんだったね!一緒に頑張ろう』そう言った私に母は『何を頑張るの?お母さん、もう頑張らなくて良いんだよ。。。もう頑張らないよ』そう言っていました。。。

その少し後には『お母さん、走るね・・・』とも。。。

訳が分からなくなってしまっているのかなとその時は思いながら会話をあわせ、そっかぁ。。。お母さん、走れるようになったんだ。良かったね、でも無理しないでね。。。と返しましたが、返事はなし。。。

その代わり、最後の数日はいつもより手を握る力が強かったように思います。特に最後の日。。。あの日は、ぎゅっと握った力がとても強かったのを覚えています。

きっと、そのとき母は、自分の魂が半分天国へ向かっていることを感じていたのかもしれないな・・・と思いました。

母のその無意識(意識的?)のやさしさで、私は母とつないだ手のぬくもりをしっかり覚えています。。。
あの晩も、あまりにしっかり握るので。。。こんなにしっかり握ってくれるから。。。私、お母さんとつないだ手のぬくもりえを一生忘れない。。。お母さんもね。。。そんな言葉をかけたのも思い出しました。。。

とても、元気だったし、数値は安定を示していた。。。だからまさかって思っていましたが・・・
今になって考えれば。。。

すべて、意識していなくとも、自然と二人一緒に最後の時の準備に入っていたのかもしれません。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←応援ありがとうございます。これからも見守ってください。。。





テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/4
母が天国へ旅立ったことへ…たくさんの皆さんからのお気持ち、メッセージ本当に嬉しいです。ありがとぅございました。毎日続けてきたこのブログ…もう少し続けさせて下さい。…最後の夜。昨夜いつものように記事を更新し凹み連発を披露しましたが、その少し後位からうっすら母が目を覚ましました。嫌な夢を見たこと、点滴がいつも以上に刺しにくくなったことを考えて不安だったので母が目を覚ました時私は母の目の前でわんわん泣いてしまいました。初めて母にこんなに涙を見せました。すると母は『泣いちゃダメお母さんまだ大丈夫よ』そう言ってくれました。そしてその後また眠りにつきましたが数10分後今度はしっかり目を覚まし『明日は東京行ってくるね…』と言ったりポカリスウェットをおかわり頂戴と言い随分飲みました。血圧140/80位で酸素も98%、脈拍も尿量も全て不安要素なしでした。不安になりすぎちゃったなと思い夜中の12時頃までしっかり手をさすったり握ったりしながら会話もしました。そして『お母さん、少し寝るね。もう寝なさいね』『そうね、お母さん今日は隣に寝ようか?』『部屋でゆっくり寝てきなさい…』『じゃ、また明日ね。明日の朝ね。お休み』…これが最後の会話です。この3時間後看護婦さんに呼吸が停止しています…と呼ばれ部屋に戻った時には既に母の呼吸は止まっていました。うっすら両目をあけ少し微笑んでいる様な顔でいつも私が座っている窓際をむいていました。本当に安らかで、声をかければまた目をあけて笑ってくれるんじゃないか…そんな姿でした。最後の瞬間母を1人にしてしまった…でもこれが母の私への最後の優しさと気遣いの様な気がします。
お母さん…生んでくれてありがとぅ。
お母さん…育ててくれてありがとぅ。
お母さん…最後にたっぷり親孝行の時間を与えてくれてありがとぅ。
お母さん…たくさんの奇跡をありがとぅ。
今まで支えてくれた皆様、本当に感謝しています。これからも数々の奇跡…なども含め色々な事を伝えさせて下さいにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。