プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
10/22

今日無事に緩和ケア病棟済生会宇都宮病院への転院をしました

移動は点滴や胸空ドレン(胸水抜きの管)があるので、自家用車ではまず無理…と言うわけで民間救急車を手配(個人での理由での移動の場合、病院で救急車はださないとの事だったので);ちなみに45キロで38000円ちょっと…

病棟についてまず驚いたのが待遇…
コーヒーや紅茶のサービス、ピアノの演奏やマッサージ…これ全てボランティアだそうです。ただただ驚くばかりでしたが、ホスピスはただ末期の患者さんが贅沢に過ごす為の場ではありません。
何より、他の入院している方たちが、デイルームと呼ばれる広場で、ピアノに合わせて歌を歌ったりしていました。
ホスピスに入るには、末期がんなどそれなりの要件を満たしているはず。。。
えっ!こんなに元気なのに?と自分の目を疑ったほどです。。。

ホスピスについての詳細は後日お知らせするとして・・・
今日の母…
環境が変わり昨日までとはまるで別人…気力が蘇り、目はキラキラ…
リンゴやかき氷を口にするほど。自力で起き上がる程。
他の方たちを見て、その元気も母を見て納得しました。

やっぱり気力、そして気力を支える環境は大切だと思いました。

しかし、やはり先生とのお話。。。
もちろん、そのお話の中にはシビアな内容も。。。

前向きな治療をしない≒癌は進行する

例えば、最期きちんとそのときまで意識はあること、会話は次第に出来なくなりますが耳は聞こえていること。。。などなど。。。

何よりここ数日、環境の適切・不適切もあったにせよぐんと、衰弱してしまった母。。。
先生からのお話を聞き、そうだ。。。母との1日、1分もこれからはとってもとっても大切な時間。
触れ合って、会話が出来るなんてそれこそ、明日にはもう無理かも。。。そういうつもりでもっともっと精一杯母との時間を大切にしなければ・・・そう思いました。

改めて、そう思い出させてくれた先生と環境に感謝したいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←いつも応援ありがとうございます。本当にありがとう。。。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。