プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/25
昨夜家族室でウトウトした明け方3時前看護士さんが呼びに来ました…一瞬ドキッとしましたが、30分位前から目を覚ました母が泣いていると。慌てて部屋に行くと確かに。どうしたの?と聞いても全く無反応。目が覚めたら私がいなくて不安になったの?と聞くとかすかに頷きました。その後何事も無かったかのように朝までゴソゴソ…安心したのでしょうか…こういう事を何度か経験するとやっぱり家族は必要だ!と思います。完全看護の病院でも家族の存在は大きいのだと…いつ目を覚ますか私たちの様に健康な人間とは違って予想もつかない…そうなるとやはりそばについていないとって思います。
こんな前置きをしたのは『介護休業』や『介護休業給付金』についてちょっと触れてみようと思ったからです。以前から仕事をどうしようと何度も記事にしてきましたが…今はもう有給は消化してしまい欠勤の日々です。これが何ヶ月にもなるとやっぱり不安は募るばかりです。でも1日でも長くこの様な日々が続いて欲しいと願っています。今日は何か無いものかやっぱり介護休業を申請してみようか…そうすれば例え同じ様に欠勤だとしても何となく心強いしいざと言う時(解雇や減俸など)は盾になるしと携帯でせっせと…すると介護休業給付金と言うものあることを知りダメ元でハローワークへ電話。…やっぱりダメでした。介護休業も給付金も在宅看護のみ適応でその理由は入院している患者さんは必ず家族が必要だとみなされないんですよ、だそうです。それにしても介護休業給付金も確か四割の給付で日数も最大で96日…た、足りない。四割って希望退職した人の失業保険とかと変わらない…!?それに在宅看護ってどれほど大変かって思います。そうじゃない私だってこんなにクタクタなんだもん…と思います。これから核家族・一人っ子が増える中これじゃ厳しいよなぁ…それに病気によっては長期に渡ることだってあるだろうし…これじゃ看病する側もされる側も窮屈になっちゃう…もっと福祉関係何とかならないの…!?と悶々とした時間を過ごしてしまいました。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。