プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:その他
12/30
年末、家の大掃除、母の借りていた家の片付け(ちょっとだけ)などなどと慌ただしく日々が過ぎ去りました…
毎年母に任せっきりで…こんなに寒いのに母は一人でせっせと家事をこなしてくれていたんだと、母がいなくなってまた改めて母の大きさを痛感しています。
思い返せば今年一年、まず母方の祖母が体調を崩しそして祖父の待つ天国へと旅立ち…
その直後今度は母が病に倒れ9ヶ月間の闘病生活の後今月頭に天国へ…
一年の間に本当にいろいろな事があり、大切な人を失い…すごく印象深い一年でした…
母の病気で沢山の人の温もりも沢山沢山感じました。
本当にありがとうございました!

今年の更新は今日で終わりにします。
また年明けホスピスでの事、病気の事を記事にしてふれ、私が残すものを全てアップし終えたとき、こちらのブログは終わりにしたいと思います。
日常を綴った元のブログへ戻ります
こちら→(http://cocoalove.seesaa.net/)
ただこれまで私が頑張ってこれたのは皆さんの励ましのお陰だと思います。皆さんのコメントなども含めてこれから誰かのお役に立てることがあれば…母の頑張りが誰かの勇気に繋がれば…とブログ自体は残そうと思います。
来年もまだ少し続けますのでよろしくお願いします!
…そして今年一年ずっと応援してくださった皆様本当にありがとうございました!
皆さんと皆さんのご家族が元気に毎日を過ごせますようにお祈りし今年のブログを終わりにします。にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←今年最後の応援を…
それでは皆さんまた来年!
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:その他
12/25
今日はクリスマスですね☆皆さん楽しいクリスマスを過ごせましたか?
イベント事ってちょっぴり寂しい…
去年は…何てついつい考えてしまいます。
でもそれでは母も悲しいだろうと気持ちを切り替え…
母も私もチキンが大好き…去年はモスチキンを2人で食べました。今年はケンタッキーを…
しっかり母にもお供えし…
今日偶然立ち寄ったジェラート屋さんでもらったクリスマスキャンドルも飾り…Merry Christmas!でした♪
先日母の為にと注文しておいたキャンドルスタンドと香炉が届きました…
今まで母にクリスマスプレゼント何て贈った事あったかなぁ…初めてのクリスマスプレゼントになってしまいました…

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます!
次はホスピスでの看護の続きの記事をアップします!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
12/23
今朝も。。。また前歯の夢を見ました。。。今回は抜けたのではなく折れた夢。。。
母が旅立ったあの日に。。。
前歯が抜けた夢を見て不安に駆られていただけに。。。今日は落ち着かない1日を。。。
父には一応、理由は告げず色々な事に気をつけて。。。とだけメールを。。。

今日は後回しになっていたホスピスでの看病について少し触れようと思います。
今日は、まず会話についてです。。。

私の個人的なお話です。。。

私は母の最期1ヶ月強、ずっとホスピスに泊り込み24時間一緒の時間を過ごしました。
先生にも一度帰っても良いよと言ったのに最後までいたね。。。貫いたのね。。。こういう看病もあるんだと私たちも勉強になりました。。。と言われました。それくらい私、ひっついていました^^;

そうした方法でよかったなぁと思うのは、会話の時間を無駄なく取れたことです。。。

母は、昼夜が逆転するだけではなく、こんこんと寝続けた後、真夜中にふと目を覚まして話しかけてきたり。。。
時にはひょいっと起き上がることも。。。
また、1日2日寝続けたと思ったら急に目を覚ましたり。。。
目を覚ますのもほんのわずかで5分くらい起きたらまた寝てしまったり。。。
とにかく、時間は読めませんでした。。。
でも、もし仕事をしながらだったら。。。とかホスピスじゃなかったら。。。
きっと、夕方に顔を出して夜には帰る。。。そんなサイクルだったと思うのです。
そう考えると・・・私たち母娘が交わした会話はもっとずっと少しに減っていたんだな・・・と。

だからこそ、ホスピスでよかった。。。24時間家族も泊まりこめるホスピスでよかった。。。
仕事も長期お休みしてよかった。。。そう思います。

価値観は人それぞれですが。。。
私は自分の経験で。。。
そう思います。振り返ってみてもそう思います。
だから・・・
もっと質の高いホスピスがもっと出来てくれたら・・・とも思いますし、前回の記事↓のような
思いも出て。。。つい、厚生省にメールを・・・。

どうかどうか、これから大切な家族との大切な時間を無駄のないように皆さんお過ごしください。。。

私は。。。ブログを通してそう教えていただきました。。。
私のブログを縁あってご覧くださっている皆様にもそうお伝えしたくて今日は、このような内容にしました。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←変わらず応援してくださる皆様ありがとう。。。


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/21
今日はほんの少しまじめな話題です・・・。

ブログ更新をお休みしていた間・・・。実は勤務の件で少々・・・(ホントに少々)揉め事が・・・(解決しました)

以前にも、母がホスピスに入ってから・・・。ずっと勤務の事を気にかけていた私。。。でも皆さんの『絶対に後悔しない方法を・・・』と言う励ましと、職場のご理解ある皆々様のお陰で、私は有給は全て消化し、欠勤までして母に付き添いました。。。
そのお陰で、看護・・・と言う意味では本当に悔いが残りませんでした。

でも、やっぱりそこで疑問に思ったのが、こういった状況の人への法的配慮が足りないのではないか?と言うことです。

以前、介護休暇給付金についてちょっとだけ触れましたこちら
そこで、ハローワークの方に尋ねると『在宅でない場合・・・つまり病院に入院している場合は家族の看護・介護は不要とみなされてしまうんですよね。。。必ずしも家族が必要とみなされないんです・・・』と言う回答でした。。。

正直この回答にはガッカリしました。でもこれが現実なんですよね。。。
勿論、給付金が欲しいわけではなくて。。。家族の助けが病院にいたら不用という考えそのものがバカらしい!!

ここからはより具体的に私の実際の経験をお話します。
母が発病した時・・・。緊急を要する状況でした。検査、診察・・・などなど仕事を休み病院や検査機関へ。
どれも当然1日がかり・・・。当然仕事は有給消化・・・。
近所の病院から、治療を受ける為、大きな大学病院へ転院。このときも当然有給消化・・・。
治療を決めるために先生と話し合ったりするために有給消化・・・。
母が体調を崩したと連絡が来れば病院へ駆けつける為・・・有給もしくは半日休暇・・・
一時退院の為お迎えなどの為・・・有給消化・・・。
容態が末期に近づけば近づくほど有給消化は増えました。。。

今まで、有給休暇をあまり消化してこなかったので、結構あった有給ですが・・・。
ホスピスに入る前などは、本当に母の体調が思わしくなく、随分と有給を消化したり毎日早退を繰り返させてもらい30日を切っていました。(7回の早退で1日有給消化というシステムにしてくれました)
そして、ホスピスに入ってからは。。。あっという間に有給もなくなり欠勤・・・。

でも、欠勤してまで看病したと言う後悔はまったくありません。
むしろ、私が24時間付いていたからこそ、あそこまでお母さん、頑張れたんじゃないのかな?と思う点もたくさんあります。24時間ついていたからこそ、たくさん触れ合う事が出来たと。。。
(この看護については後ほど)

介護休暇って。。。なぜ在宅介護の家族にしか認められないのだろう?と言うのが私の経験上素直に生まれた感情です。

看病している間、仕事の事や休みの事を気にかけない人はいないと思います。
でも、終末期に入った癌患者さんの家族にも数日だけでもそういった制度を利用させてくれてもいいものじゃないかと??
介護休暇を申請した人はその後そういった休暇を理由に減給やその他人事的な不利益を被らないそうです。。。
私の場合、幸い理解のある会社に恵まれ、ちょこちょこお休みをもらったり、最終的には欠勤までさせてもらったのにまた変わらず(今のところ~)復職させてもらえてラッキーだとしか言えないと思うのです。でも中には、辛い思いをした人も沢山いるのではないかと・・・??
賃金の事ではなく、そういった安心して看病に専念できる決まりくらい(被害を被らないとか・・・)入院患者の家族にもあって良いのではないかと。。。

看病に専念できる環境くらい必要じゃないかと。。。
何だか、うまく言えないのですが。。。ずっと、そんな疑問を持っていました。
これから、まだまだ核家族も増えるし。。。同じように頭を悩ませる人は大勢いるんじゃないかと??

癌患者さんに限らず。。。
在宅介護の休暇だって、全然日数足りないなぁと言う印象でしたし。。。

どこで線引きをするかは難しいと思いますが。。。
取り急ぎ、問い合わせに返答はもらえないそうですが、厚生労働省に思いを伝えるメールを送りました。。。

どうか。。。どうか。。。これから家族の看病を抱えている人たちが。。。安心して看護に取り組めますように。。。との願いを込めて・・・。

こちら。。。随時何か変化があれば更新していきます。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へたくさんの応援をありがとうございます。。。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/20
毎日更新してきたブログですが…
数日お休みしてしまいました。その間に色々な事がありまし。順次色々書いていきます!

最期、後悔のない看病ができた・・・。
でも日を追うごとに今度は元気だった頃、なんでもっと一緒にいろんな所に出かけたり・・・親孝行しなかったんだろう・・・そんな悲しさがこみ上げてきます。。。
みんな大切な誰かを失うとこんな風に悲しみは日を追うごとに増してしまったり・・・。
でも一生懸命前を向こうとしてみたり・・・。を経験するんだなぁとしみじみ・・・。


さてホスピスでの看護については一先ず後日にして今日は手元に届いた母地蔵についてです

色々考えて私は母を手元で供養する事にしました。
…と言うのもなぜか一年位前、ふと母のお墓はどうするればよいのだろう…と思った事がありました。まだ母が病気になる前です。それで私は母に聞いたことがありました。母は『将来あなたが結婚でもしてお墓を買ったら一緒に入れて欲しいな。一緒が良いなぁ…ぁ、でも名字違うか~。何かないかね?でもまだまだ先だし何か方法あるよね…』と言っていました。その時の事を思い出し、また献体でしばらくは手元に母もいないので手元供養にしようと決めていました。
そして選んだのが博國屋さんのお地蔵さんです。
母地蔵にっこり
↑クリックで大きくなります^^;

私なりに考えて・・・
でも母の気持ちも確かめなきゃ・・・
そう思い、あるとき母に病気になってきっと不安も多いだろうけど・・・
安心して欲しいから聞くね・・・そう言ってこれなんて可愛いよね・・・。将来的に考えてどうかな?とカタログを見せました。そして3色あるうちから母はこのタイプが可愛いねと指差していました。。。
だから、母が天国へ行ったとき迷わずこのお地蔵さんを。。。と思いました。

最近では。。。手元供養がそれなりに増えている様です。
お墓の維持や遠方のお墓。。。などなどの理由からのようです。。。


そして、もう一つ・・・。
母は将来私が家を建てるのをとっても楽しみにしていました。
よく、お母さんは何帖くらいのお部屋が良い?やっぱり慣れた畳?それともフローリングにしちゃう?などそんな話をしているときが本当に楽しかったです。
だから・・・いつになるなんて予定はないのですが・・・。母を私が建てた家に住まわしてあげたいと、一緒に住みたいと願っています。
献体が終わって火葬した後もしばらくは手元に残すつもりです。
その時はお骨がきちんと収まるようなものも検討しています。
(こちらも手元供養と言う形で色々提案されています)

そして・・・いずれは・・・。
お墓と言う形ではなくできれば私も一緒に入れるような樹木葬にしようと考えています。。。
お花が大好きだった母にぴったりです。。。

そんなこんなで、今日はこのお地蔵さん(後ろ側にはメッセージを入れられるようになっています。私は『やさしい気持ちをありがとう。これからも見守っていてね』とお願いしました)に出会えて、なんだかやさしい表情が母を思い出させ・・・。
病院にいたときのように何度も何度もお地蔵さんの頭を撫でて母のぬくもりを感じた1日でした・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←変わらず応援してくださる皆様ありがとうございます。。。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/15
昨夜の質問に温かくアドバイスを下さった皆様ありがとぅございました!
ゆっくり自分ペースで気持ちの向くままにもう少しいたいと思いました。ありがとう…

さて今日は、ホスピスでの介護について詳しく書こうと思っていたのですが、一つ献体で間違えてお知らせしていたことがあったのでそちらについてです。

実は献体の申し込みに行った際事務局の方とお会いし説明を聞いて来ました。
その時に(確かホームページにも)献体後お骨にしてご家族をおかえしいたします…と言われていました。
でも母が天国へ逝った日説明を親戚皆で聞いた時に希望すれば火葬に参加してお骨あげも出来ますがどうしますか?と聞かれ参加させて下さいと…
…で、献体なので母の姿にはもう会えないと思っていたのですが、また会える…と。私は大きな勘違いでした。
今日あれっ!?と思い問い合わせた所、お顔は献体後なので見ることは出来ないんですよ…と。
当たり前でした…
親戚も含めきっとその時、火葬に参加する、防腐処理をする=また会えると解釈してしまったようで…
大きな勘違いだったので訂正します…

でも事前に棺に入れたい物は送るか届ければ入れて下さるそうです。
私は最期に着せてあげた服をおさめて頂くよう今日お願いしました。それと私からの手紙は後で届けて中に入れて頂こうと思います。
後は棺の上にのせてあげることが出来るそうなのでお花や以前母に送ったプレゼントなどを持って行こうと考えています。
変わらぬ姿に再会は果たせませんが、その姿は胸に…そして来年のその時は母の魂を感じたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも励ましをありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:その他
12/14
今日も短くてすみません・・・。

明日は、ホスピスでの看病についてちょっと詳しく書きたいと思います。

さて・・・今日は。。。

以前も母が最期の時を迎えた時に来ていたパジャマを洗わずに・・・と書きましたが、
あれから1週間がたちますがいまだに・・・。

何だかギューっとするとまだ母のぬくもりや匂いが残っているようで。。。

ついつい・・・。

他のタオルやパジャマなどは洗濯し、しっかりしまいこめたのですが。。。

ご経験のある方・・・どうしているんですか??

先日も、母が家に帰って来たときようにと購入した簡易の介護用電動ベッドをたたみました。。。
すると、そこの部屋はガラーンとして。。。
妙に切ない気持ちになってしまいました。。。

あまりに寂しいのですぐにそこには収納ボックスを並べましたが。。。
この感じが大切な人を失ったときに感じる喪失感なのかなぁと思ってみたり。。。
でも、まだいまいち実感がなかったり・・・。
パジャマも・・・段々、洗濯して・・・しまい込んでって気持ちが向くのでしょうか??
こんなに、色々なものを処分したりとせっせと片付けても何だか。。。難しいです。。。

それから。。。もう少しで頼んでおいた手元供養のものが届きます。
それまでには。。。
母の(と私の)思い出のアルバムを作ろうと思っています!!

すみません・・・。
今日はこの辺で・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/13
今日の更新はお休みします…
せっかく覗きにきてくださった方、すみません。
お便りコメントのお返しはしました!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/12
今日から仕事復帰。。。
午前中は勤務している事務所に出社し、これまでのお礼とそしてかる~くたまった事務処理。
午後は本社へご挨拶に。。。

本社の前に、本社の近くの病院へ。
お世話になった緩和ケア病棟です。

先生にはお会いできるなぁと思い、でも毎日違うボランティアさんや看護士さんにはみんなに会えない。。。と思ってお手紙を書いていきました。。。

行くと、何だか懐かしいような寂しい様な。。。ここで1ヶ月以上も母と一緒だったんだもんなぁ。。。なんて。。。

それまでは平気でもやっぱり看護士さんたちの顔を見たら涙がポロリ。。。

本当に皆さんやさしくてついつい・・・。

そう言えば、母が天国へ旅立ったあの日も。。。
看護士さんたちは涙を流してくれていました。。。
今日も。。。改めて頑張ったねって・・・。
何人もの患者さんたちを見送っているはずなのに・・・。
やっぱりこんな風にやさしい気持ちを忘れない、仕事って割り切らない方たちだからこそあれだけのすばらしい看護を出来るんだろうなってまた、感動しました。。。


この感謝の気持ちは絶対に忘れてはいけないなと。。。本当に思いました。。。

そして今日は本当に久々に美容院へ行きました。。。

実は・・・母が病気になってから9ヶ月。。。
何の手入れもしていませんでした^^;

もし、カラーリングやパーマ、カットの最中に呼び出しが来たら?とか考え、平日は行かず、休日もそんな時間があったら母と一緒が良い!そう思い本当に今まで。。。
それだけ、気持ちに余裕もなかったのだと思います。。。

でも、今日仕事復帰やいろんな方たちにお会いし、少しずつ前に進まなきゃね・・・
いつまでもぼんやりしていたら一番悲しむのは母だし。。。
気分転換にと。。。

何だか自分のために時間を費やしたことが、私にとっては大きな第一歩を踏み出したような気分です。。。

明日からも、一歩一歩側で見守ってくれている母と共に大切に歩んで生きます!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
3日分のコメント返しまとめてしました^^;
公開のみお返事書かせていただきました~


いつもありがとうございます

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/11
今まで毎日続けてきたブログですが…

明日からいよいよ仕事に復帰します…

あまりに久しぶりなのでちょっとだけ不安です。
…で、明日から仕事と言うことで片付けも今日までにある程度…のはずでしたがさっぱりガッカリ…
母の借家は電気は止めてあるので昼間しか出来ない…休みの日しか出来ない…今日がある程度の区切り日…
…甘かった。

お母さんごめ~ん!と明るく謝りました…

今日はクタクタなのですみません。
以上です

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます。応援して頂き感謝です
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/10
今日は片付けをしながら母の服などを随分処分しました…

処分しながら『お母さんごめんね…』を何度も何度も繰り返し。
うちには仏間がありません。でも来週位には頼んでおいた手元供養の品が届きます(届いたらお知らせしますね)。そのために一部屋客間兼仏間に…
後は母が借りていた家もあるので(私は今ずっと家族3人で暮らしていた家に1人で住んでいます)そちらの荷物も…だから処分しないと家が荷物で溢れてしまう…私のいらない物もこの際と思い切りましたが、やっぱり母の服などは寂しいですね…
私が着れそうなものは残し、後は母が親しかった方にあまり袖を通していない物をもらってもらい…
仕方ないのかなぁ…と思ってもやっぱりお母さんごめんね…です。
今日は母の写真にしっかり手を合わせちょっと高価でしたが、とても香りのよいお香を買ってきて母に備えました…

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/9
昨日はご心配おかけしました。1日、何もせずぼ~っと過ごして回復しました!

でもテレビなどを見ていると、あぁ、これ先週は病院で見てたんだっけ。。。母も見ていたなぁ。。。なんて考えるとまだ1週間もたっていないのが本当に不思議に感じます。。。

さて、今日は私が最後ホスピスで過ごした際、役立ったものや用意すれば良かったものなどを記載しておこうと思います・・・。

母に役立ったのも。。。
・ハンドタオル(口周りの汚れや目やになど普通に入院していたときよりも拭く機会は多かったように思います)
・手紙や写真(記事にも書きましたが、目をつぶっていても意識はあるとのこと。。。でも話かけ続けるには限界も。。。とっても良い時間をこれらのおかげで過ごせましたよ)
・加湿器(皆様のアドバイスで部屋の浴室のシャワーを熱湯をにして出していたりして加湿してみたりタオルを熱湯につけてベッド周りにおいてみたりしましたが、病院は全館空調。。。やっぱり加湿器は持ち込んだ方が良いと思います。乾燥すると痰が固くて吸引しにくいようで、撮られる本人も辛そうでしたが、見ている家族もとっても辛いものでした。特に飲んだり食べたりが減ると更に口の中の乾燥も進みましたし、酸素チューブも乾燥が進む原因だそうです。加湿器は必要だと思います)
・ルームソックス(フリースなどの締め付けのないタイプ。寝ている時間が増えると手足は驚くほど冷たくなりました。母の場合は、用意する前に亡くなってしまいましたが。。。点滴をうつ血管がだんだんなくなります。温めてあげてなるべく点滴をさせるように努力するのも必要なようです)
・お気に入りの洋服(もし車椅子などに乗れる機会があったらその時はパジャマではなくたまには洋服に着替えてあげるのも良い気分転換だったようです。。。私は、病院近くで服を買い、最後の母へのプレゼントとしてワンピース・パンツ・ネックレスを贈りました。うれしそうに着てくれていました)
・タオルケット(薄掛け。寝ていると足がだるいようで、よく布団を蹴っ飛ばしていました。病院のフカフカの布団よりタオルケットのようなものの方が母は気に入っていました)
・オリーブオイル(家庭用のもの。体の乾燥などがひどかったので、オイルを塗っていました。マッサージ用のオイルはたくさんありますが、一番オリーブオイルは重たくて(サラッとしていなくて)調度良かったように思います)
・綿棒(痰などが鼻で詰まっていました。白ゴマ油を塗った綿棒で掃除してあげると気持ちよさそうでした)
・かなり薄めたモンダミン(これは病院で用意してくれていましたが、スポンジのついたブラシで看護士さんが歯磨きをしてくれます。そのときにつけていました。看護士さんが磨く以外にもかなり私も磨きました。あっと言う間に口は乾燥したり痰がついていたりで、こまめに磨いてあげるほうが母も気持ちよさそうでした)
・白ゴマ油(これも病院で用意してくれていました。モンダミンで磨いた後、乾燥を防ぐために口の中をゴマ油を塗ってくれていました。匂いはないです。)
・ワセリン(私も使っているものですが。。。本当に口の乾燥は凄かったので、唇は白ゴマ油ではもの足りないときもありました。そんなときはワセリンをたっぷり塗ってあげていました)

その他にも病院にあった、ジューサーなどは果物を搾って飲ませてあげることも出来て助かりました。
付き添い人用には、敷き布団が必要ですね・・・簡易ベッドでは本当にぺちゃんこで背中が痛かったです。。。
あと、スリッパも。。。

普段の入院生活とでは、必要と感じるものが少し違ったように思ったので記載してみました。。。

母に必要だったものを簡単にあげてみました。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←いつもありがとうございます。。。



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/8
今日の目覚めは最悪でした。。。
ものすごい頭痛で。。。やらなければならないことが山のようにあるのに・・・
うかうかしていると年を越してしまうのに・・・

明日はしっかりしなければ・・・

さて・・・
今日は母が起こしてくれた奇跡についてお話しようと思います。

治療中、8月半ばに早ければ今月、もって来月あるかどうか・・・そう言われた後、奇跡的に回復を見せてくれ、その後タルセバ治療まで取り組めました(結局効果は0でしたが)
その後、自宅近くの病院へ転院した後も、ホスピス待ちの間に危ないと言われ・・・
ホスピスに移ってからもお別れが近いと言われ・・・
結局その後も頑張り、初めにもう危ない・・・と言われてからは・・・4ヶ月近く踏ん張ってくれました・・・。

これも十分過ぎるほどの奇跡ですが。。。

母が起こした奇跡は。。。すべてのタイミングが最善だったと思えることです。

もちろん、66歳で逝ってしまったのは早すぎる。。。そう思いますが、おばに私はこう言われました。。。
もし、あなたが結婚していたり、子供がいたらこんな風に24時間付っきりでの看病は出来なかったはず。。。あと何年か後だったらきっと、こうは出来なかったでしょう・・・あと何年か早くても・・・(以前にも触れましたが私は数年前に離婚してしまいました)

だから、精一杯やれるのはこのタイミングだったんじゃないかな?あななたち母娘はきっとこういう最後を迎える運命だったのよと。。。

そして、旅立った日も・・・
翌日の朝食から食事はなし。。。誰よりも私の体の事を気にしていた母。
大丈夫だと言っても、きちんとしたものを食べているのかいつも気にかけていた母。
きっと、私の健康を気遣って私が売店でインスタント食品を買い込む前に。。。って旅立ったのだと思います。

それに、昨日も触れましたが献体の時期も。。。
後少し遅かったら再来年までお別れでした。
今年の1月になくなっても12月に亡くなっても私の元へ帰ってくるのは同じ来年・・・
つまり母はギリギリまで私との時間を長く過ごしてくれた。。。
そのタイミングを選んでくれた(このことは母が亡くなって献体事務局の方に言われるまで知りませんでした)

他にもたくさん・・・
母が亡くなってしまったのは悲しいことですが、必ず迎えるその日を母はベストのタイミングをしっかり見計らって逝ってくれたんだ・・・そう思うと何だか気持ちがスーッとします。。。

ありがとうお母さん。。。これからも見守っていてね・・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←応援いつもありがとうございます。

皆様のたいせつな人が・・・皆様が・・・1日でも元気に過ごせますように・・・。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/7
母が亡くなってまだ3日。。。何だかもう、何ヶ月もたつような錯覚に陥ります。
入院中は、1日があっという間だったのに・・・
悲しい気持ちはありませんが、ただただ会いたい。。。眠れば夢の中で母に会えるかもしれないから・・・とそんな期待をしてしまったり。。。この気持ちが大切な人を失ったときに感じる気持ちなのでしょうか??

ぼんやり母との最後の一週間を思い出してみました。。。

私の顔を見て『良い子に育ったね。。。』とか私が『お母さん、大丈夫?』と聞くと『大丈夫』と必ず決まって答えてくれた母。その答えに安心してニッコリ笑う私に『ほ~んと、素直になったね・・・』としみじみ言ったり。。。

1ヶ月以上も病院にいて、前髪が伸びた私は、ピンで前髪を上げていましたが。。。その私のおでこをやさしく撫で、この方がスッキリして良いといって笑ったり。。。

今にして思えば、これまでは言葉にして言わなくても互いに通じていた感情を母はこの頃、素直に口に出していたように思います。

お決まりの『一緒に頑張ろうね』の私の励ましにも必ず頷いていました。。。寝ていても。。。

最後の日の夜も。。。思い出したことがあります。。。

目を覚ましてすぐの母に私は泣いてしまい、その私に向かって『お母さんは大丈夫だからないちゃダメ。。。』と言っていました。
実はこの後の会話も今にして思えば。。。と言うものです。
このときのいつもの様に『泣いてごめんね。。。一緒に頑張るんだったね!一緒に頑張ろう』そう言った私に母は『何を頑張るの?お母さん、もう頑張らなくて良いんだよ。。。もう頑張らないよ』そう言っていました。。。

その少し後には『お母さん、走るね・・・』とも。。。

訳が分からなくなってしまっているのかなとその時は思いながら会話をあわせ、そっかぁ。。。お母さん、走れるようになったんだ。良かったね、でも無理しないでね。。。と返しましたが、返事はなし。。。

その代わり、最後の数日はいつもより手を握る力が強かったように思います。特に最後の日。。。あの日は、ぎゅっと握った力がとても強かったのを覚えています。

きっと、そのとき母は、自分の魂が半分天国へ向かっていることを感じていたのかもしれないな・・・と思いました。

母のその無意識(意識的?)のやさしさで、私は母とつないだ手のぬくもりをしっかり覚えています。。。
あの晩も、あまりにしっかり握るので。。。こんなにしっかり握ってくれるから。。。私、お母さんとつないだ手のぬくもりえを一生忘れない。。。お母さんもね。。。そんな言葉をかけたのも思い出しました。。。

とても、元気だったし、数値は安定を示していた。。。だからまさかって思っていましたが・・・
今になって考えれば。。。

すべて、意識していなくとも、自然と二人一緒に最後の時の準備に入っていたのかもしれません。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←応援ありがとうございます。これからも見守ってください。。。





テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/6
温かい・・・温かい・・・お言葉皆様本当にありがとうございます。
少しゆっくり最後の日のことを思い出してみました。。。
まさか、一言一言が最後になるなんて思ってもいなかったので、自然に母との会話を楽しんでいました。だから、すべてを鮮明に記憶しているわけではありません。。。
でも、ゆっくりと少しずつ思い出しています。。。

本当に最後の最後・・・母がはっきりと言葉にして出した言葉は『おならでちゃうよ~』でした・・・
いつもトイレを気にしていた母。オムツを嫌がり意識がはっきりしているときは、少しくらい息が上がろうと苦しかろうとポータブルトイレを使うことを望んだ母。
最後の日も、トイレトイレと言い、そして最後の台詞・・・思い出すだけで笑ってしまいます。。。
本当にお茶目な母でひょうきんものでした。。。
最後もそんな母らしい言葉で締めくくって逝きました。。。

・・・母を思い出し、私は涙することもありますが・・・
私、今、笑ってます。。。

母を想って笑うことが出来ます。。。

たくさんの支えと、パソコンや携帯の画面越しにずっと支えてくれた皆さんのおかげで、精一杯やりきったから・・・私、まだ母がなくなって2日ですが。。。笑えます。。。
ありがとうございます。。。


さて、今日は何からお伝えしようか迷いましたが・・・
不思議に思っている方もたくさんいらっしゃると思うので『献体』について書き記します。。。

私がこれまでやってきた流れで書いていきます。
献体については〔財団法人 日本篤志献体協会〕のHPでご確認ください。
http://www.kentai.or.jp/

こちらにお問合せ先があるので私はそちらよりアクセスし、資料を送っていただきました。
その中に各都道府県別献体実施大学の一覧があるのでどこにお願いするかを選択し返送すると今度は希望した大学病院から資料が届くという流れでした。。。
母の場合生前献体登録をしたので、今度文部科学大臣の感謝状を受け取れるよう、大学病院が推薦状を出してくれるそうです。
そして、今度そういったものの授与式などもあるそうです。。。

母の最期に残した、誰かのために・・・
死んでからの人の役に立ちたい・・・
その願いが形となって返ってきます。。。
誇りに思いたいと思います。。。

・・・
実施大学によるのかもしれませんが、母が行うと決めた大学では毎年4月~10月が解剖実習の時期だそうです。
防腐処理には3ヶ月を要するそうです。
(活字にすると本当に切なく残酷かもしれませんが。。。すみません)
母の場合、来年4月からの実習で役に立てるそうです。。。
お正月を迎えたいとずっと願っていましたが、お正月を迎えてからだと4月に間に合わず、再来年の4月からの実習に組み込まれ、母が私の元へ帰ってくるのは2年後になるところだったそうです。。。

つまり、母のなくなった日は、まさに私との別れている時間が一番短いタイミングを選んで逝った・・・そうです。。。

病室で看護士さん、先生とお別れ会をしていただき心温まるお言葉を頂き、献体事務局の方がお迎えに来てくださいました。
立派な棺に大きな花束まで用意してくださり、親族、親しかった方・・・などとそのお花を母に捧げ皆で見送りました。。。

・・・来年の実習の後、火葬の際また親族や親しかった方を呼び集まる事に決めました。。。
(火葬に参加するのは希望するかしないかを選べるそうです)
大学病院の近くの火葬場ですが、普通のお葬式の後の火葬とまったく同じ流れで来年執り行ないます・・・

考えは様々ですが。。。
来年、私はまた先日お別れしたあの時と同じ状態の母にまた会えます。。。

来年、変わらぬ母に再会できます。。。

来年が楽しみになりました。。。

母が望み選んだ献体のおかげで私は1年間母に会える楽しみが出来ました。。。

また、改めてお母さん・・・ありがとう・・・です。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←いつもありがとうございます。。。

今日の頂いたコメントからお返事をさせていただくことにしました。。。
よろしくお願いします。。。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/5…皆様からの温かいお心遣い本当にありがとぅございます!…習慣ですね、この時間になると、ぁ、更新しなきゃと言う気持ちになります。もう少し続けさせて下さいと昨日綴りましたが、続けて下さいとコメントを下さった方々ありがとぅございます。
…実は普通の流れなら今日は通夜や葬儀をやっていると思いますが、うちはしていません。全て母の希望通りにしました。献体を希望していた母。今頃はずっと治療を続けた大学病院で懐かしく院内を散歩しているかもしれません。献体には賛否両論あると思いますがそのお陰で私は一年後また昨日の姿の母に会えます。葬儀をしないで!?と不思議に思う方が沢山いらっしゃると思います。これからその辺の事も詳しくお伝えしていきます。今日は母の写真とお花、好きだったお茶などを飾り香をたき母を偲んでいます。片付けもはかどりません…最後母が着ていたパジャマは抱き締めると母の匂いがし何だかまだ母の温もりさえ残っている様な気がします。荷物からは献体を希望します。今まで色々ありがとぅございましたと書かれたものも出てきました。私の写真も出てきました。本当に今は振り返って何一つ悔いはないです。実感も何だかありません。ただ時折母が恋しくて寂しくなります…人は死んだら人の思い出の中でしか生きられないと聞いた事があります。母の事、母の姿全てを大切に生きていきます。さて…今後私が伝えていきたい内容を記しておこうと思います。・病気のこと/最後の体調のこと/献体のこと/看病のこと・絆/ホスピスのこと/供養のこと/死後に気付いた母の奇跡などです。全て母が残してくれた事です。皆さんのコメントと共にこれまでのこと、そしてこれからのこと全て残していければと思っています。そして今1つ決めた事がります。終末期の癌患者さんのこと癌難民と言われる方への対応、また癌患者さんを抱える家族への対応など…もっと安心して暮らせるよう働きかけていきたいと思います。母を通して知った苦しみ…次に残さない為にお付き合い下さいにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/4
母が天国へ旅立ったことへ…たくさんの皆さんからのお気持ち、メッセージ本当に嬉しいです。ありがとぅございました。毎日続けてきたこのブログ…もう少し続けさせて下さい。…最後の夜。昨夜いつものように記事を更新し凹み連発を披露しましたが、その少し後位からうっすら母が目を覚ましました。嫌な夢を見たこと、点滴がいつも以上に刺しにくくなったことを考えて不安だったので母が目を覚ました時私は母の目の前でわんわん泣いてしまいました。初めて母にこんなに涙を見せました。すると母は『泣いちゃダメお母さんまだ大丈夫よ』そう言ってくれました。そしてその後また眠りにつきましたが数10分後今度はしっかり目を覚まし『明日は東京行ってくるね…』と言ったりポカリスウェットをおかわり頂戴と言い随分飲みました。血圧140/80位で酸素も98%、脈拍も尿量も全て不安要素なしでした。不安になりすぎちゃったなと思い夜中の12時頃までしっかり手をさすったり握ったりしながら会話もしました。そして『お母さん、少し寝るね。もう寝なさいね』『そうね、お母さん今日は隣に寝ようか?』『部屋でゆっくり寝てきなさい…』『じゃ、また明日ね。明日の朝ね。お休み』…これが最後の会話です。この3時間後看護婦さんに呼吸が停止しています…と呼ばれ部屋に戻った時には既に母の呼吸は止まっていました。うっすら両目をあけ少し微笑んでいる様な顔でいつも私が座っている窓際をむいていました。本当に安らかで、声をかければまた目をあけて笑ってくれるんじゃないか…そんな姿でした。最後の瞬間母を1人にしてしまった…でもこれが母の私への最後の優しさと気遣いの様な気がします。
お母さん…生んでくれてありがとぅ。
お母さん…育ててくれてありがとぅ。
お母さん…最後にたっぷり親孝行の時間を与えてくれてありがとぅ。
お母さん…たくさんの奇跡をありがとぅ。
今まで支えてくれた皆様、本当に感謝しています。これからも数々の奇跡…なども含め色々な事を伝えさせて下さいにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/4
3時35分 母は天国へ旅立ちました。
まだ伝えていきたいことがたくさんあります。
落ち着いたらアップします。
皆さんたくさんの励ましや応援ありがとぅございました
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不安
12/3
今朝歯が抜けた夢を見ました。歯が抜ける夢は近い人が亡くなる暗示だから…と良く母から聞かされていたので飛び起きて母の部屋に行きましたが(昨夜も家族室に寝ました)母はおはようと口を動かしほんの一瞬目を覚ましました。ホッとし母の着替えのお世話の為看護婦さんが来たので私はデイルームへ…
すると一週間程前から顔見知りになった方が…ご家族が今朝お亡くなりになったそうです。母と同い年で肺癌患者さん。つい先日もお互い頑張りましょうねと会話をしたばかりでした。1日また1日と誰かがお亡くなりになる現実はとても悲しい。そして凹む事は続きます。つい先程明日朝食から、食事を止めますと言われてしまいました。これまで母の分として出ていたのですが、母が食べるのもほんの少し。私でも食べられるよう普通食が。…で毎食『お母さん今日は○○だよ~どれか食べたいのある?お母さんが作った方が美味しいなあ』などと会話をしながら食していました…。ほんの少したまにおかずを口に含む事もありました。でも患者さんが最近完全に食べられていないので止めますと…当然の事なのですが、睡眠時間が不規則・不足なのでせめて食事は規則正しく栄養も考えられたものが食べれて良かった~と安心していた私としては…急な事に明日から売店食か…外食できる状況じゃないしなぁと大慌てです…あぁ私の元気の源が…(大した事じゃないのですが…)それに今日は朝の挨拶後、苦しそうに呼吸をするばかりでちっとも目を覚ましてくれません。でも血圧・酸素と変わりなしなのでとりあえず安心なのですが…凹み材料はまだあり…昨夜母の点滴が漏れ、看護婦さんが必死で探してくれた次の点滴も今日昼過ぎにダメになり何とか次を探してくれましたが、もうここが限界の様です。この必死に探してくれた所もかなりいまいちで長持ちしなさそうです。点滴が刺せなくなると痛み止めのみ皮下注射対応です。…口からとる以外栄養がとれません。今日まで点滴を刺せたのが奇跡かもしれませんが…何とかまた…と願うばかりです。にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
12/2
最近私は明日はない…そんな覚悟で1日1日を過ごしています。でも毎日明日の約束を母としています。
昨日約束した事…
『明日は久々に美味しいコーヒーを飲みに行こうね』です。
デイルームにボランティアさんが用意してくれるコーヒーを飲みに行く事なのですが、せめて言葉だけでも気持ちを日常生活に近づけてあげたいなぁと思い、こんな言い方をします。
すると母は一生懸命に口を動かしまるで今は家にいるかのような言葉で答えてくれます(まったくはっきり聞き取れないので私の想像ですが)昨日は『○○?』と近所の古くからあるコーヒー専門の喫茶店の名前を言っていました。私が『うぅん!明日行く所はきっともっと美味しいよ!』と言うと嬉しそうな顔を見せてくれます。なかなか寝付けなくても明日コーヒー飲みに行けないよと言うとそっか…と言う顔をし目をつぶります。結局今日は車椅子にのりデイルームには行ったのですが痛みが激しくなってしまいコーヒーは飲まずにベッドに戻りましたが…
こんな風に毎日とても小さな事ばかりですが明日の約束をするようにしています。
起きている時間が凄く短く貴重な分、その時間は少しでも楽しい気持ちになって欲しいとの願いを込めてです。
母を見てボランティアさんや他の方にもとっても穏やかね…きっと気持ちが凄く安定しているだと思うよと言われます。
今日も一つ小さな明日の約束をしたいと思います!
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも見守ってくれてありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:決心
12/1
いよいよ今日から12月…もう少し頑張って一緒にお正月をとただただ祈るばかりです。
でも昨日も今日も晴天なのに母は目を覚ましません。昨日は夕方せめてと、目を覚ました時に車椅子にのせて外を眺めにデイルームに行きましたが…。今日はほとんど目を覚ましません。端がつまって苦しい時だけ目をあける感じです。口を閉じることが出来ない様でずっとあけているので乾燥もしていて加湿をしても苦しそうです。瞼の筋肉も随分衰えたのか最近では両目ともうっすらあいているようにも見える時も…見ていて辛くなる時もありますが…そんな自分を奮い立たせ今日は1日母に頑張ろうと呼び続ける日にしました。
今日私はこうして呼びかけながら決めた事が…それは『お母さん頑張って』ではなく『お母さん一緒に頑張ろうね』と呼びかける事です。
まだ頑張って欲しいから、母も生きたいって言っていたから…つい今までは頑張ってと言っていました。でも私も一緒だからと言葉にして母に伝えたいので一緒に頑張ろうにしました。
母は穏やかな表情を見せて微かに頷いてくれます。
明日も明後日も私たち母娘は共に頑張ります!
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも励ましや応援をありがとうございます
| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。