プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
母が、天国へ旅立ってから。。。
お伝えしたいことは伝えた。。。そう思い、こちらのブログの更新はずっとせずにおりましたが。。。

今日は、母が今お世話になっている大学で大学生の前で献体遺族の思いをお話ししてくるという非常に貴重な経験をさせていただいてきました。。。

今日の私が学生さんたちにお話しした内容です。。。



昨年3月母は肺がんを発症しそして12月に闘病生活を終えました。
その母に私は親孝行というものをしてきませんでした。。。
私が辛いとき、いつも隣には母の笑顔がありました。母の無限の愛に支えられて生きてきました。
その母の優しさはいつまでも続く。。。親孝行なんてあとですれば良いや・・・と感謝の気持ちすら伝えることなく生きてきました。
そんな私は、母の病気を通してたくさんの優しい気持ちを知りました。最後に母は私に大きな財産を残してくれました。

・・・
そんな母の生前を知る人は皆さん『明るくて、元気でパワフルでそして人のお世話をするのが大好きな人・・・』きっと皆さん、そうおっしゃると思います。
娘の私から見ても、それらの言葉がぴったり当てはまる、そんな母でした。。。

私が学生の頃です。学校を終えて家に帰ると、すでに友達がいて母の手料理を食べていた・・・なんてことは良くありました。誰からも、どんな人からも慕われる人でした。
困った人がいたら迷わず手を差し伸べ、慕われることで手をわずらわすことを面倒と思わず、むしろそれを喜びと感じることのできる人でした。。。

同じく、私が学生の時のことです。
そろそろ受験勉強始めないとね、という私の隣で母は『お母さんも勉強する』そう言いだしました。
なんの勉強を始めるのかと聞くと、ずっとやってみたかった介護の仕事に就くための資格を取る。。。そう言っていました。行動力があるうえに、努力家の母はヘルパーや栄養士、そして介護福祉士の資格を取り介護の道に進むという夢を実現しました。


元々の母の性格と介護の道に進んだという環境からでしょうか。。。
ある時母は私に『お母さんに万が一の時は献体を希望しているからよろしく・・・』そう言ったことがあります。
元気が取り柄の母でしたが、もしかするといつも病気を気にしていたのかもしれません。家には入院セットと呼ばれるトランクが1つ用意されており、何かの際にはこれを持ってくるように、そう言われていました。
・・・とはいえ、元気な母を目の前に献体と言われてもピンと来るはずもなくあの時の私は献体が何なのかすら考えることなく受け流していたように思います。
そして、3月病気を発症し入院した母が初日、ノートに献体を希望します。。。そう書き綴っていました。あの日、私は先生から母が末期の肺がんであることを聞かされていたので、そのたった1行の短い言葉が胸に突き刺さったあの衝撃を今でもはっきり覚えています。
その後、闘病生活中母は、新しい治療に取り組む際、体調が思わしくないときは決まって私にお母さんが献体を希望していると先生や看護士さんに伝えて欲しい、そう言っていました。
ただ、1日でも長く、奇跡を。。。と願う私は献体を受け入れてしまえば母の生きる力をあきらめてしまうようで怖くてどうしても受け入れることができませんでした。。
そんな、日々が半年ほど続いた時のことです。
母が私にお母さんの献体、反対?そう聞くのです。私は正直に、これまで親孝行もしてやれなかった。最後くらい普通に見送りたい。。。それに何よりも、献体を受け入れたらお母さんが生きることをあきらめてしまうようで怖い。。。正直に伝えました。
すると母は静かにこう続けました
『何のためにお母さんは、介護の道見進んだと思う?少しでも誰かの役に立てたら良いなぁ。。。そう思ったから。周りを見て。お母さんより若いのに、こんなにたくさんの人が病気で苦しんでる。。。お母さんは生きることを諦めてないよ。病気になんか負けない、そう思ってる。でも、もし病気に負けてしまって死んでしまうことがあっったら、その時は、死んだ後も誰かの何かの役に立てるなら、お母さんはその道を選びたい・・・』そう言っていました。
その言葉でやっと私は母の献体を受け入れることができました。

正直今でも、普通に見送るべきだったんじゃないか。。。そう思うこともあります。
でも、献体と言うもののお陰で最後に私は母の偉大さ、強さを知ることができたと感謝しています。

・・・

と、一部省略もしましたが、覚えている範囲でこんな感じでお話ししました。

そして、スピーチの後、献体のご担当の方がこうおっしゃっていました
誰かの何かの役にたてるなら。。。献体を希望される方は皆さん、そういう思いでいらっしゃるようです。
確かに、1ご遺体で学べる医学生は4名です(こちらの場合)
でも、長い目で見ていただいたときに、その4名が何人の患者さんと向き合っていくか。。。そう考えると、故人の偉大さを感じます。。。そして感謝します
。。。とおっしゃってくださいました。
確かに、そうだな・・・と。。。
改めて今日は私もたくさん学ぶことができた一日でした。。。

天国の母へ・・・
今日もありがとう。。。

スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。