プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
3/12
今日は、朝から外出…。
と、言うのもガンマーナイフという治療を受ける為の
診察・検査の為。
点滴や薬で脳のむくみが取れているお陰で、ホントに母は驚く程、元気。。。ホントに病気なのかな?そう思ってしまうほど・・・。
そちらの病院は食堂やら何やらがとっても充実していて、以前にも近所の方が入院した時お見舞いに来ていた母は、前日から、病院内のエビフライを食べて、スタバでコーヒーを飲む…と、張り切っていた。。。

そして、診察。一通りの診察を受け、母だけ退席。
そして、先生から私が言われたこと・・・
『なぜ、告知しないのか』
その質問に私は『母は介護のお仕事をしていました。最後に見た方は脳腫瘍を急に発症し、あっと言う間になくなってしまったこと、そして近所の方が同じように脳腫瘍を患ってあっという間になくなってしまった事。だから母は入院した時から脳腫瘍だったら嫌だな、どうしよう・・・そればかりを気にしていたこと。先月、祖母・・・つまり母の母が亡くなって、そのショックから立ち直れていないことなどを考えて、転移性の脳腫瘍だと言ったらショックが大きすぎると思ったので。。。でも、今後治療を進めていく上で肺癌も伝えなければならないと思うので、一先ず頭の方のガンマーナイフが終わってから肺がんの事は告知しようと思っていたんです。あくまで、脳と肺は切り離した説明をしたいと考えました。』と伝えました。
すると先生は更に『今は告知が当たり前。このガンマーナイフは告知をしていない人にはやりませんよ・・・。それに、うちに入院している間わずか2泊3日でもどこかの担当とか誰かがポロッと言ってしまわない保障はないですから…』と。

前日、脳の担当医・肺の担当医と脳は脳、肺は肺でお話を進めたい・・・、と伝えその方向で進めることを決めたのだが。今母は、不安から開放され、確実に快方に向かっていると思っているところなので、出来れば避けたかったこの展開。
緊急性が高いということで、今度の月曜日にガンマーナイフが出来るとの事。
それまでに告知しなければ…、不安で頭が真っ白状態だった。

元の病院へ戻り、母はこの調子だと後、1ヶ月もしないで帰れるかな??そしたら温泉にでも行こうって、言ってた。

こんなに楽しそうにしている母に本当に告知をしていいものか・・・不安でたまらなかった。。。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。