プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:決心
8/4
昨日母に強く言いすぎてしまったな。。。と反省。
私には母の気持ち、不安、悲しみ、恐怖・・・全てを理解する事は難しい。。。
それでも、母に何とか前向きに立ち直って頑張ってもらいたいという気持ちは変わらない。。。
昨夜は、母のベッドで寝ました。。。そして・・・自分には何が出来るか考えてみました。。。

ベッドに寝たとき、正面には母と私が手を繋いでいる(ブログ村のプロフィール写真に使っているものです)写真が貼ってありました。
母にあの写真を渡した時、芝生がきれいね。。。そういいながらすごく嬉しそうに見ていたのを思い出しました。。。

私に出来ること・・・
毎日お見舞いに行けない分、寂しい思いをたくさんさせている分。。。
そうだ!また元気がでる写真集を作ってあげようと思いました。。。

今の私に出来ること・・・
それを精一杯やる事が私の母への親孝行。。。

母が一日でも早くあの元気な笑顔を取り戻してくれる事を願って・・・。

いつもいつも応援をしてくださってありがとうございますにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうですよね。前を向くしかないです。お互いの心を溶かすのは笑顔しかないと思います。

初めまして。ずっと読ませていただいていました。
お母さまのつらさを聞くのは本当につらいことですよね。でもご自分のつらい思いを口にすることで、少しでもつらさを和らげようとしていらっしゃるんでしょうね。本当に心を許し、安心できる相手にしかそういうことは言えませんから。でも、受け止める方は本当に大変。どこかで、何かで気分転換して下さい。こういう時に自分だけいい思いをすることに後ろめたさがありますが、それが結局はお母さまのためになるのだと思います。。。差し出たことだったかもしれません。ごめんなさい。同じような経験があるので。

またアルバムでお母さん笑顔になれるかもね!
きっと喜んでくれると思いますよ!

頑張ってね

はじめまして

明るく元気な人ほど本当の心はちがうものですよ。  子供は残念ながらお母様の本当の心の半分も分かりません。だから親子は難しいですね。          何十年もあなたの母親という肩書きで生きてこられたのですから常識も怒りも少しの間全てを受け入れてあげたらどうでしょうか。               誰かにたよるということをしたいのではないでしょうか。                       母にはこういう人であってほしいという思いがあるから老いていく親や病床の親の姿を見るのはものすごい葛藤ですよね。                    親孝行はいくら山のようにしたつもりでも必ず悔いは残るものです。自分の為にあなたの生活リズムが変わることなどお母様は望んでませんよ。            以前の何かにもどってほしいと思うより今ある姿が等身大だと受け止めてあげることも大切だと思います。  人生にはふんばりどころが必ずあります。不安や恐怖や悲しみと戦っているのはあなたの方ではないですか? お母様は押しつぶされそうになっているあなたを見て今の自分の状況がわかるのではないでしょうか。    親はいつまでも子供が幸せでいてくれないといやなものです。ふんばるのですよ。たくさんの気持ちに自分が潰されそうになっても私はこれが親孝行だと思います。

生きる

どんなに辛く悲しい過去だったとしても、もう存在しません。
どんなに不安で絶望的な未来と思われても、まだ存在しません。

生きて、抱きしめることができるのは今です。

ただ生きる。それでも生きる。それが生あるものの目的であり、全てです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。