プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:不安
いつも、応援してくださる皆様。。。
本当にありがとうございます。。。

8/29

今日は仕事でお見舞いはなし…

本当なら、こんな状況なら…
毎日でも行きたい…
きっと私は毎日お見舞いに行ってあげられなかったと後悔するんでしょうね…
毎日顔を見たかった・・・と。

分かっているのに・・・仕事の変わりはあっても母の変わりはいないのに…と情けなくなってしまいます。

仕事中もそんな葛藤と闘いながら時間を過ごしました…。

そんな葛藤する娘の気持ちを見透かしたかの様にお昼休み母から電話

元気だよ…昨日の差し入れの鱈子でご飯食べたよと。
昨日、雨が凄かったって聞いたから心配でかけちゃったと。。。
ありがたい。。。

確かに声に張りがある…心配かけないように一生懸命なのかもしれませんが、一先ず安心して午後の仕事に…
夕方今度は私から電話。
寝ていたらしく少し昼間とは声が違ったが、夕飯も食べたよと。
もしかしたら来てくれるかも…そんな期待をしていたんじゃないのかな…と再び凹んでしまいそうになりましたが…何とか…

母の声が私に元気をくれます…
私もへこたれていないで母に元気をあげなくては…

実は昨日担当の先生と少しお話をしました。
内容は今後について…
今母は一時よりは体調を持ち直し、中断した治療はいつ再開するのか?と前向きな発言をしている事もあり、何ともどこで線引きをするか…非常に難しいですと。

…何の線引きか…治療を続けるか、緩和ケアに切り替えるかの線引きです。

治療は確実に体力を奪います。やれば必ず良くなるものではありません、だけど良くなる可能性も捨て切れません…だから線引きが難しいと…

そして緩和ケアの場合、このまま今の病院にはいられないと言うお話。

母は近くの病院なら、私に負担なく毎日会える…けれど、一度先生たちに預けた命、最後まで先生たちを信じたい…そう私に話した矢先の事だったので、母がもし転院…そう言われたら、きっといくら近い方が良いでしょと言われようと見限られたと落胆するんではないか…そう言う相談もしましたが答えはノー。

正直私は先生たちに裏切られた気持ちです。

これまでどんなに辛くても、そして効果が得られなくても、次、次と中にはまだ地検段階の治療まで…全て先生たちを信頼してきたからこそ母は頑張って立ち向かってきたのに…

治療に望む度、先生たちを信頼していますから…そう言っていた母…

病院の体制や地方医療の問題なのか…

ベッドの空きをまだかまだかと待っている患者さんの気持ちも分かります(以前そうだったように…)

ただ家族としては最後まで責任持たないんだ…ダメだって分かったら放り出すんだ…そんな気持ちです。

ただそんな不満を抱えた所で、母の元気を取り戻せる訳ではないので、一先ず精一杯母への愛情に全力を注ぐのみです!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←ちょっと凹んじゃいました。。。応援してください。。。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

今のあなたの気持ち、痛い程分かります。
私の母の場合、病院もすぐ近くで、ホスピスに転院した所はさらに近所だった為、毎日何度かは会いに行けました。やはり顔を見ないと不安でたまらないし罪悪感さえ感じたくらいです。
毎日、お母様の状態を拝見させてもらってますが、正直言ってホスピスを勧めてあげたい気持ちです。
私の母はスキルス性胃がんで、お母様と年齢も近い69才でした。
開腹したけど手を付けられず、もって2~3ケ月と言われ私はホスピスを自分で探し転院しました。
もちろん母には説明し、近くに移ればいい利便性も伝えた上です。母も長くは生きられない事は分かっていたらしく、最後に痛み苦しみながら死ぬのは嫌だと言われ決断したのです。
今の病院に見捨てられた…と思うのではなく、今のお母様にあった治療法を考えててあげたらどうでしょうか?
最後を苦しむ事なホスピスで過ごせた事に私は感謝しています。
すぐにといってもホスピスは予約してからなので入れません。
私も先月母を亡くしたばかりです。
今の病院では、きっと治療にも限界がありホスピスで受けられるケアは望めないと思われます。
お辛い気持ちのあなたに上手く伝わらないかもしれないけど、今娘として出来る事をしてあげたらいいかなと思います。

いつも、コメントさせて頂いておりますが、うちの母が、昨日主治医から『もって数週間』と僕に宣告しました…ココさんの先日と同じ境遇になってきました。とても辛いですが、気持ちだけは前向きにしようとしています。

酷いですね
でもそれが現実なのかなァ
病院は沢山の患者さんがいるかも知れないけど
ココさんのお母さんは一人だけどものね

お母さんももしかの希望で一生懸命に辛い副作用にも
耐えて来たのにね
まだ少しでも望みがあるならこれからもちゃんと治療してもらいたいですよね!

本当に難しいところですが、先生方は見限ったわけではないし、責任を持っていないわけでもないと思います。
緩和ケアってただ亡くなるのを待つ場所ではありません。その人らしくよりよく過ごせるように苦痛や不安を少しでも減らしてくれる、そんなところだと思います。痛みがとれるってすごく人を前向きにさせてくれるんですよね。緩和ケアで痛みをとってもらって、体力を回復させて、再治療を行うということもできるそうですよ。もっといい先生に出会える可能性もあるかもしれませんし。
だいたい、病院が、緩和ケアって分けていることがいけないんじゃないかと私は思ったりします。

つらいし、苦しいですよね・・・。頑張ってる人に頑張れって言うのは申し訳ないんですが、今が踏ん張り時なのかもしれませんね。
季節の変わり目でもあるし、体調に気をつけてくださいね。
いつも生意気でごめんなさい。


初めまして

毎回拝見させて頂いています。この問題は難しいですよね・・。「今のお母様に合った治療を。。」と簡単に言っても、その治療がホスピスなのか・・。まだまだ手が尽くせるのではないか。。と家族なら考えるのが当たり前です。 きっとホスピスが最終的な場所・・。という観念があるからでしょうね。。 きっと私が同じ立場であっても「先生はもう諦めてるの?この先は一緒に戦ってくれないの??」と悲しくなるかもしれません。。患者とその家族にとっては担当医の先生って絶対的な存在になってますもんね。。。このまま今の病院で治療を望むか、転院するか。今が一番の決断時なんでしょうが、諦めるのは早いですよ☆ホスピスで3年以上入退院を繰り返して前向きに過ごした方もいらっしゃるし、今こうしている間にも新しい新薬ができるかも!!希望を持つのは忘れないで☆ どちらに決断するにしても色々調べた上で悔いを残さずに。。 死は必ず誰にでも訪れるものですが、本当に試練ですね。。。 できれば避けて通りたいものですね。。希望だけは捨てないでほしいです。今日もお母さまが笑える時間がありますように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。