プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:お知らせ
10/22

今日無事に緩和ケア病棟済生会宇都宮病院への転院をしました

移動は点滴や胸空ドレン(胸水抜きの管)があるので、自家用車ではまず無理…と言うわけで民間救急車を手配(個人での理由での移動の場合、病院で救急車はださないとの事だったので);ちなみに45キロで38000円ちょっと…

病棟についてまず驚いたのが待遇…
コーヒーや紅茶のサービス、ピアノの演奏やマッサージ…これ全てボランティアだそうです。ただただ驚くばかりでしたが、ホスピスはただ末期の患者さんが贅沢に過ごす為の場ではありません。
何より、他の入院している方たちが、デイルームと呼ばれる広場で、ピアノに合わせて歌を歌ったりしていました。
ホスピスに入るには、末期がんなどそれなりの要件を満たしているはず。。。
えっ!こんなに元気なのに?と自分の目を疑ったほどです。。。

ホスピスについての詳細は後日お知らせするとして・・・
今日の母…
環境が変わり昨日までとはまるで別人…気力が蘇り、目はキラキラ…
リンゴやかき氷を口にするほど。自力で起き上がる程。
他の方たちを見て、その元気も母を見て納得しました。

やっぱり気力、そして気力を支える環境は大切だと思いました。

しかし、やはり先生とのお話。。。
もちろん、そのお話の中にはシビアな内容も。。。

前向きな治療をしない≒癌は進行する

例えば、最期きちんとそのときまで意識はあること、会話は次第に出来なくなりますが耳は聞こえていること。。。などなど。。。

何よりここ数日、環境の適切・不適切もあったにせよぐんと、衰弱してしまった母。。。
先生からのお話を聞き、そうだ。。。母との1日、1分もこれからはとってもとっても大切な時間。
触れ合って、会話が出来るなんてそれこそ、明日にはもう無理かも。。。そういうつもりでもっともっと精一杯母との時間を大切にしなければ・・・そう思いました。

改めて、そう思い出させてくれた先生と環境に感謝したいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←いつも応援ありがとうございます。本当にありがとう。。。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ~よかった。
本当によかった。
確かに向き合わなければいけない現実はある。
だけど、あの病院で過ごすより、ずっとずっといいよね!!
お母さん、気分良くすごせたらいいな。

病院の窓から……。

そちらの病院の窓からは新幹線が見えますよね?
5年前、娘が入院していたとき、二人で一日に何本も通り過ぎる新幹線を眺めて過ごしました。
運がいいと試験車両を見ることもできますよ。
私の知り合いも二人ほど、その病院のホスピスに入っていました。
そのうちの一人は、闘病中に結婚式まであげました。
お母さんとココさんが落ち着ける場所であるといいな、と思っています。

お二人にとって良い結果になって良かったですね。娘さんの行動力素晴らしいです。お母様の気力、体力が回復され、体調が良くなられる事を祈っております。

自宅介護で母もそして看る側も苦しんだ事がバカらしく思えます。
ホスピスってそんなに良いところなんですね。
これからの1分1秒をどうぞ大切になさってください。

良かったですね!
お母さんが楽しんでくれる事が一番ですものね
きっと環境の変化で少しでも長いあいだ
一緒にいれる事を願ってます!

良かったですね。うちの母も3ヶ月に渡る入院からようやく退院に近々なるかもです。しかし、まだまだ予断は許せない状況なので、お互い頑張りましょう。

はじめまして、 以前から読まさせていただいていました。私の母も約五年前胃癌で胃を全摘、今年四月に再発。抗がん剤治療もしましたが、食べ物もうけつけなくなり、九月二一日に亡くなりました。
最後は自宅でとの本人の希望もあり、家族皆で一ヶ月介護をしました。本当に日に日に悪くなり、でもどこかでまだ大丈夫、大丈夫と思っていました。最期は家族全員で見送りができたことが救いですが、あの時こうしていれば、、とか後悔はあります。
どんなに頑張っても後悔はあるものです。だから一日、一日を大切に、伝えたいことは伝えて、後悔が少ないように過ごしてくださいね。
お母様とココクローバー様が笑顔で過ごせる時間が長くありますように・・・・。


こんにちは。
転院できてほんとうによかったですね。
お母様が安心できる環境が一番ですよね。

今日もお母様が穏やかに過ごせますように

いいところでの再出発ができたようで、読んでいる私も嬉しくなりました。
あの環境ではお母さんもココさんもストレスが大きすぎかなと思いました。
でもすごいなぁ~、ココさんの行動力!!
「不可能の文字はない!」って感じかも・・
なによりお母さんが喜んでくれて、目がキラキラって!
嬉しいですね~ココさん!
穏やかな温かい時間が過ごせますように、応援してます!

本当に良かった!!
シビアな状況に変わりはなくても、
大切な一日一日の生活の質が段違いだと思います。
ココさんも泊まられたりできるのでは?
穏やかな時間が長く続きますように!

素晴らしいです!

良かった!!
人生に無駄は無いって、母は良く言っていました。
前向きに頑張れば、努力すれば、結果は自ずと着いてくる!
カッコイイですよーーまだまだ応援していますからね!!

良かったですね。
お母様もココさんも精神的に少し落ちついたのでは。
これからは今までよりゆったりとした時間が過ごせると思います。

お互いこれからですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。