プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぬくもり
11/3
先週、来週はないかも…そう言われましたがその来週を迎えることが出来ました。今日も母は昨日と同じ様子…むしろプラスかもしれません。今日は起き上がってお水を飲めました。朝一番に母に挨拶をし、喉は渇いてないか?水を飲まないか?聞くと、ハッとした顔をし『早く…会社に間に合わないよ』と。本当にかすれた声で発した言葉は私への気遣いでした。今日は休みだから安心して、そう言うと頷き眠りにつきました。夜も電気が眩しいかな、と思い消そうか?と言うと『わがままばかりでごめんね』と。今まで我慢ばっかりしてきたんだからたまには良いよ!大好きなお母さんに親孝行させてね!そう伝えると嬉しさで涙を流した母。
そう言えば、入院したばかりの頃先生と色々お話をした際に急に入院の連絡がきて娘さん慌てたでしょうと…勿論慌てましたが小さい頃から私は『もしお母さんに万が一の時はこの入院用のトランクを持ってきて』と言われていたので必要なものはあれこれせずにすぐ駆けつけられました…と話しました。先生は長いことホスピスで沢山のご家族に触れてきましたがそんなお母さんは初めてですと。きっとお母さんは毎日危機感を感じながら、また幸せに朝を迎えることに感謝しながら生きてこられたのですね…と。今日の母との会話、先生との会話全てが母の大きさを感じた1日でした。にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも本当にありがとうございます!皆さんがいるから私は頑張れます

スポンサーサイト
コメント

私の母もそうでした。
「入院グッズ」と言って母も大きなバックと箱に準備していました。
私も「いつ入院になっても安心やね~」なんて冗談っぽく、その入院グッズの置き場所を把握していました。
母も危機感を感じながら毎日を過ごしていたのでしょう。
ココさんのお母様も私の母も、母親は本当に偉大ですよね。
私は、そんな母の娘であることを誇りに思います。
ココさんもきっとそう思っているはずです。
お母様が涙を流した・・・ココさんの温かい心が本当に伝わっているのでしょう。
お母様との時間を大切に大切に・・・

私の母は、全く病気すらしなかったので
そういう準備は何もしていなくて
父では用意できないので
全て私が買いに行ったり用意したりしました。
幸い、主人が数年前に入院した事があったので
いくらか慣れていましたが・・・。
私の母は、そんな危機感もなければ
ココさんのお母さんのような
頑張りもない人でした。
まぁ、最期は性別もわからないくらいに
皮と骨になってしまったので
頑張りようもなかったとおもいますが・・・

よかった!素敵な時間を過ごしていられるのですね!!

偶然、貴女のブログを知り数日で全て読みました…。
私の舅も肺癌でした。
舅を大きな病院に連れて行った時には…両肺とも真っ白で余命…二ヵ月と診断…。
抗癌剤の恐さを知らぬまま…それしか治療方法がないと言われ…少しでも長生きして貰いたい一心で抗癌剤の治療を始めました…。
確かに二ヵ月の命が半年延びました…でも、副作用の脱毛、下痢、嘔吐、食欲減退等…延命と引き換えに辛い闘病生活をさせてしまったと悔やむばかりでした…。
お母様の生命力の強さに驚いています…お正月を迎えられるコトを祈念しています…。
泊まりの看病は大変ですね…どうかお体をご慈愛下さいm(_ _)m


お母さん、いつもココさんの事考えてたんですね。私自身も若いときから同じでした。きっと、お母さんは自分に何かあった時娘に掛かる負担を減らそうと思ってたんですね。自分のことより娘さんの事ばかり考えて。とてもすてきなお母様です。

おじゃまします

はじめまして~
勝手にお邪魔しちゃってすいませんm(_"_)m
日常の出来事をブログに載せています
ちょっと車椅子生活で個性的ですが、
ポジティブに生活したい中学生です^^
良ければ気晴らしにみてやって下さ~い

http://ameblo.jp/pichan1/

ではまた遊びに来ますね~
よろしくです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ココさん。毎日の介護、お疲れさまです。お母さまのお加減はいかがですか?また、あなた自身もちゃんと食事採れてますか?
後になって思ったことですけど、耳元でココさんが囁いた時にお母さまが『うるさいよ』とおっしゃったのはお母さまなりのユーモアだったのではないですか?
私の娘の時は急に意識がなくなり、そのまま逝ってしまったので、私にはそういう経験はありませんが、身近な者に対してはそんな仕草が愛情の裏返しだったりしますよね。
素直に愛情を表現することがかえって照れ臭かったりするってこともあるんじゃないでしょうか?
なんとなくそう思いました。
お母さまが持ち直しているのも生きたい。あなたの傍に…
そういう気持ちからなんでしょうね。
そういう思いはきっとココさんが一番感じているでしょう。
ココさん。
本当にきつい時期でしょうが、あなた自身もちゃんと栄養をとって、今一度頑張って下さい。
ただただ、お祈り申し上げています。

ココさん、疲れてませんか?
ちゃんとご飯食べてますか?
お母さんは、こんなに親孝行な娘さんがいて
幸せに思っていますね。
お母さんの自慢の娘ですね、ココさん。

先生がおっしゃるようにお母さんは「幸せに朝を迎えられることに、
感謝しながら・・」という日々を送ってこられたのですね、きっと・・
なかなか日常の生活に追われてしまうと、できないことですね!
少しでも見習いたいと、胸に刻みました。
ぐっと冷えるようになってきましたね、風邪などひかないように
気を付けてくださいね!
ココさん、みんなが応援してます!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。