プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:不安
11/20
すみません…今日は長いのでその1↓その2に分けました…
その1とは別件です。
母への対応が良く分からないことがあります。
例えば祖母は数ヶ月前に亡くなったのに母は夜中迎えに行くとか呼んできてと言います。余程思いが強いのかなあと思いますが、早く呼んできてよ!と言われても呼んでこれるわけもなく、今日は夜中だし明日にしようと言っても良いから呼んできてよ!と怒るときがあります。看護士さんに助けを求め看護士さんから明日にしたら?と伝えて貰ったこともあります。でもその時ははい、分かりました…と言うのに看護士さんがいなくなると何で呼んだの!とまた怒ります。
トイレも苦労します。トイレ行くから降ろしてと言われますが私では無理…どうしてもの時は看護士さんを呼ぶとごめんね、悪いね…とニコニコするのにいなくなるとまた同じように怒ります。それを私はどう対処すれば良いのか対応策をあったら教えてほしいですと話しました。答えはお母さんの世界に浸ってあげてでした。ん~、何か難しいです。誰もが必ず通る道です。認知症の方なんかは何年も家族はそれに付き合うんですよ。それをわずか数ヶ月だけなんだし…と言われてしまってこちらももう分かりましたで話を切り上げました…
あぁ、難しいですね…
今日は愚痴愚痴ですみません…
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます。とても励みになります!
スポンサーサイト
コメント

内弁慶

典型的な内弁慶ですね。外面がとてもいい。
お母さんはにとってあなたは間違いなく身内です。
 でも、あなたも身内なんだから、お母さんの嫌な態度、言葉はいやだときちんと伝えてもいいのでは?

はじめまして。
くーちゃんの所から伺いました。
私は9年前に母をすい臓がんで亡くしました。
発病から半年という短い期間であっという間に旅立って
しまいました。
私はその頃は仕事をしていたのですが、今思うと仕事
などせず母と一緒に過ごしたかった…もっとこうして
いたら…と思い今も悲しみと後悔から抜け出せません。
母も同じ様なことがありました。
その時、同じ想いに悩んだ時もありました。
でも、今となってはそんな自分を悔いてしまったり
します。もっと優しくできたのではないのかと・・・

あの頃、母を見るとローソクの火の様に…消えてし
まうんじゃあないかと不安になったり、でも日々の
中で怒りたくなったり…怒ってしまったり。
辛いけど…いつかお別れの日はやってきてしまう…
どうか!がんばって最後の日までお母様と一緒に
過ごし共にがんばって欲しいと思います。


はじめまして。ホントの親子だからなんでもいいあえるんじゃないのかな。お母さんとたくさんたくさんお話してください。

よく頑張っていらっしゃいますね。心労は計り知れないです。ただ、別れはある日突然やってくることもあるんです。その時に側にいられなかったら辛いですよね。私も母を亡くして、生前のほんの些細なことでも後悔しました。肉親を亡くすと自分ができなかったほんの些細なことで自分を責めるんですよ。どうか後に残す後悔は少しでも少なくしてほしいと思います。今はお辛いでしょうが、お母さまの気持ちを受け止めてあげたことは後々自分の気持ちを支える大切な記憶になるはずです。
どうかお母さまの側をはなれないでいてほしいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私の母が緩和病棟に入院したときも、同じような感じでした。お母様は生命力の強い方ですでに医師にはあと何日生きられるのか何週間生きられるのか分からないのだと思います。そして、彼らはどんなに親身にしてくれてもやはり他人であり、身内の苦悩は実感できませんし、何人も末期がんの患者さんを抱えているがゆえに、全ての患者さんに感情移入するわけにもいかないでしょう。私に言えるのは、全ての患者さんの亡くなる日が予測可能ではなく、予測が非常に難しいことがあるということです。うちの場合もそうでした。でも、必ずお別れはやって来ます。ココクローバーさんの精神状態が限界であれば、休憩は必要だと思いますし、少なくともお母様の側から離れて、病院のすぐ側で気分転換できる所を見つけられるといいですね。普通は、心拍数の乱れや急変があったらすぐ携帯にでも連絡してくれるはずですから、看取りに立ち会える可能性も高いと思います。ご慈愛下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

入退院を繰り返してる私の父も
全くそんな感じです。
看護士さんには素直でも、家族には
違う。。。家族だからなんですよね。
分かってるけど言いたくなるココさんの
気持ちも痛いほど分かります。
愚痴って全部吐き出して、またお母さんと
向き合ってあげてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。