プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/4
母が天国へ旅立ったことへ…たくさんの皆さんからのお気持ち、メッセージ本当に嬉しいです。ありがとぅございました。毎日続けてきたこのブログ…もう少し続けさせて下さい。…最後の夜。昨夜いつものように記事を更新し凹み連発を披露しましたが、その少し後位からうっすら母が目を覚ましました。嫌な夢を見たこと、点滴がいつも以上に刺しにくくなったことを考えて不安だったので母が目を覚ました時私は母の目の前でわんわん泣いてしまいました。初めて母にこんなに涙を見せました。すると母は『泣いちゃダメお母さんまだ大丈夫よ』そう言ってくれました。そしてその後また眠りにつきましたが数10分後今度はしっかり目を覚まし『明日は東京行ってくるね…』と言ったりポカリスウェットをおかわり頂戴と言い随分飲みました。血圧140/80位で酸素も98%、脈拍も尿量も全て不安要素なしでした。不安になりすぎちゃったなと思い夜中の12時頃までしっかり手をさすったり握ったりしながら会話もしました。そして『お母さん、少し寝るね。もう寝なさいね』『そうね、お母さん今日は隣に寝ようか?』『部屋でゆっくり寝てきなさい…』『じゃ、また明日ね。明日の朝ね。お休み』…これが最後の会話です。この3時間後看護婦さんに呼吸が停止しています…と呼ばれ部屋に戻った時には既に母の呼吸は止まっていました。うっすら両目をあけ少し微笑んでいる様な顔でいつも私が座っている窓際をむいていました。本当に安らかで、声をかければまた目をあけて笑ってくれるんじゃないか…そんな姿でした。最後の瞬間母を1人にしてしまった…でもこれが母の私への最後の優しさと気遣いの様な気がします。
お母さん…生んでくれてありがとぅ。
お母さん…育ててくれてありがとぅ。
お母さん…最後にたっぷり親孝行の時間を与えてくれてありがとぅ。
お母さん…たくさんの奇跡をありがとぅ。
今まで支えてくれた皆様、本当に感謝しています。これからも数々の奇跡…なども含め色々な事を伝えさせて下さいにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつでも一緒

お母さんは自由になりました。
どこへでも自由に行けます。
でも決してあなたのそばを離れないでしょう。
心を澄ませれば、お母さんを感じることができます。
 
あなたも、お母さんも間違いなく幸福です。

旅立ちの間際
きっとお母さまにはココさんの姿が見えたのでしょう。

貴女は立派に見送りました。
これから訳もなく寂しかったり、故人の残した現実を突きつけられるかもしれません。
でも、貴女の見ていたお母さまがすべてです。

今は思い出に涙してお母さまをお見送り下さい。
たくさん泣いてあげて。
たくさんの人と思い出を語り合って、たくさんの人の心にお母さまを生かせてあげて。
それが貴女の最後の仕事です。

もうひと頑張り。


娘もきっと待っていてくれます。
お母さまが無事にあちらに行かれるよう、お祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ココさん、本当によくがんばられましたね。その頑張りがあったからお母様もがんばられたんだと思います。
今それどころではないでしょうけども、どうかできるだけ食べて、できるだけ眠って、周りの方に助けを求めて、自分のことに気をつけてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私の母も最後の夜は…訳も無く私たちをゆっくりと
眠らせてくれました。
ココさんのお母様の優しさですね。

私は母を見送る時から、素直に泣くことができず
気丈に振舞う事で…大丈夫と言う事で自分を抑えて
いました。
でもそれはやっぱり無理なこと。
今は泣くだけ泣いて、お母様の事を見送ってあげて
下さいね。
これからまだまだ乗り越えなければならない事が
あると思います。
辛いことも、悲しくなることもあるけれどがんばって
下さいね。
私はこれからもココさんを応援しています。

お母様のご健闘、ご冥福をお祈りいたします。

きっとココさんに本当のお母様の存在を示すための旅立ちの時間となったのでしょう。姿は無くても、いつも見えるんだよ。と教えてくださったんですね。素晴らしいお母様ですね。お母様の素敵な人生の財産としてココさんの人生が素晴らしい愛に満ち溢れた未来でありますように。。。いっぱい泣いてゆっくり寝て。時間はいっぱいありますから。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

母の愛

ココさん、
以前コメントをさせていただいたことのある、エミリと申します。ずっと応援していたので、私まで悲しくなってしまいましたが、本日の投稿を読ませていただいて、ふと思い出したことがあり、書こうと思いました。

私の同僚のお母様が亡くなられたその前夜、自宅だったらしいのですが、お母さん、一緒に寝るよ、横で、って言ったら、同僚のお母さんが、私は大丈夫だから、貴方はちゃんと自分の部屋でゆっくり寝てきなさいとおっしゃったそうです。次の朝、永眠されました。ココさんのお母様も、本当は一緒に寝たかったのだけど、ココさんを思いやる気持ちの方が強かったのだと思います。私の同僚の場合も、ココさんのお母さんの場合も、まさしく、お母さんの娘さんに対する愛だと思いました。

お母様のご冥福をお祈りいたします。ココさんも、どうかお体をご自愛ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ココさん、お母様、ほんとうにお疲れ様でした。
お母様は、一緒に頑張ってくれるココさんがいたから、こんなにも頑張れたんですね。
お会いしたことがあるわけじゃないのに、ココさんにありがとうねって大好きよって笑顔のお母様が心に浮かびます。

お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ココさん、コメントがすっかり遅くなって
しまいました。
今夜はもうお通夜だったの・・?
長かったね。でも本当に早かった。

一時退院してこられたときの、おうちでの
様子を思い出します。
いつもココさんのことを一番に考えてくれていた
お母さん。
おにぎりのお母さん。
ミロちゃんが大好きだったお母さん。

お母さんは私にもたくさんのことを教えてくれました。
母親という存在がいかに大きく、そしていかにいつも子供のことを
一番に考えてくれているのか・・・。

あの日、ピンクの口紅を嬉しそうにつけたお母さん。
とても幸せそうな顔をしてた。
ココさんがお母さんを見つめる目がとても優しかった。

夕べ、点滴のこと、夢のことを書いた記事を読み、不安はありました。
だけど、こんなに早く・・・

ホスピスを勧めたこと、あとでちょっと後悔していました。
でも、苦しまずに旅立たれたことを知り、これでよかったのかも・・とも思いました。

ココさん、本当にあなたはいつもしっかりとしていて
頑張りました。
お母さんへの愛情をいつも感じていました。
しばらくは悲しさにくれる暇もないくらいに、時間が過ぎるかもしれません。
頼れるところは、しっかり回りにも頼って下さい。
何もお手伝いができずにごめんね。

ひつじの抱き枕、「くーちゃん」と呼んでくれてありがとう、お母さん。
会えてよかったです。。。

もう、人目をはばからず、いっぱい泣いて。

ココさんお疲れ様です。
そしてお母様も・・・本当によく頑張りましたね。
最後まで優しいお母様でしたね。ココさんを気遣ってくれたんですよ。

私はココさんのブログを読みいつも励まされていました。
どれだけパワーをもらったか計り知れません・・
あなたは精一杯やりましたよ。
これから数日眠れない日々が続きますがお体お大事にして下さい。

お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうぞ、たくさん泣いてください。
母が亡くなってから 私は主人から「泣くな」と
ずっと言われ続け泣くことすらできずに
2年が過ぎました。

母は昼間に亡くなりました。
父と一緒に自宅で介護していて、定期的に
お医者さまが家に来てくれていましたが
その日はお医者さまが帰られ 母の様子も少し
落ち着いたかな・・と思ったときでした。
なんだか呼吸する音がおかしい・・・
なんでこんなに呼吸が軽いんだろう?と思ったら
吸って はいて 吸って・・・
もうその次に息をはくことはありませんでした。
父はその時、薬局へ薬をもらいに行っていて留守。
私と私の息子で最期を看取りました。
わかってはいたけれど・・・とても辛かったです。
今でも呼吸の止まった瞬間が忘れられません。
ココさんのお母様は最期までココさんのことを
想っていらっしゃいましたね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

愛の溢れるブログ、まだまだ続けてくださいね。

お母様もとっても喜んでいらっしゃると思います。
ワタシも感謝しています。

お体 ご自愛ください。
まだまだ、応援させてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お母様は最後の最後までココさんのお母様でしたね。
これからもいつでもココさんのそばで見守ってくれていると思います。
ココさんは一人じゃないですよ。
こんなにもたくさんの人たちが応援しています。
お母様も安心して逝かれたと思います。
本当にお疲れ様でした・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。