プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/5…皆様からの温かいお心遣い本当にありがとぅございます!…習慣ですね、この時間になると、ぁ、更新しなきゃと言う気持ちになります。もう少し続けさせて下さいと昨日綴りましたが、続けて下さいとコメントを下さった方々ありがとぅございます。
…実は普通の流れなら今日は通夜や葬儀をやっていると思いますが、うちはしていません。全て母の希望通りにしました。献体を希望していた母。今頃はずっと治療を続けた大学病院で懐かしく院内を散歩しているかもしれません。献体には賛否両論あると思いますがそのお陰で私は一年後また昨日の姿の母に会えます。葬儀をしないで!?と不思議に思う方が沢山いらっしゃると思います。これからその辺の事も詳しくお伝えしていきます。今日は母の写真とお花、好きだったお茶などを飾り香をたき母を偲んでいます。片付けもはかどりません…最後母が着ていたパジャマは抱き締めると母の匂いがし何だかまだ母の温もりさえ残っている様な気がします。荷物からは献体を希望します。今まで色々ありがとぅございましたと書かれたものも出てきました。私の写真も出てきました。本当に今は振り返って何一つ悔いはないです。実感も何だかありません。ただ時折母が恋しくて寂しくなります…人は死んだら人の思い出の中でしか生きられないと聞いた事があります。母の事、母の姿全てを大切に生きていきます。さて…今後私が伝えていきたい内容を記しておこうと思います。・病気のこと/最後の体調のこと/献体のこと/看病のこと・絆/ホスピスのこと/供養のこと/死後に気付いた母の奇跡などです。全て母が残してくれた事です。皆さんのコメントと共にこれまでのこと、そしてこれからのこと全て残していければと思っています。そして今1つ決めた事がります。終末期の癌患者さんのこと癌難民と言われる方への対応、また癌患者さんを抱える家族への対応など…もっと安心して暮らせるよう働きかけていきたいと思います。母を通して知った苦しみ…次に残さない為にお付き合い下さいにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもそっと読ませていただいていました
長い看病 お疲れ様でした
お母様も もう苦しくないですね
自由になって 
みんなの所で同じ時間を過ごせるようになりましたね

私も夏に 主人を見送りました
そして2人の子供たちと
お父さんを「わけっこ」する事が出来ました
みんなで 同じ時間に
お父さんに逢えるようになりました

献体の決断 共感します
私は主人の「病理解剖」をお願いしました
明日の医療に少しでも役立つように・・・
主人はそんな人でしたから
半年近く経った今
決断は間違っていなかった・・と
しみじみと思います

これから色々と大変だと思います
しばらくは、ゆっくり眠ってくださいね
お体 御自愛くださいね

いつも読ませていただいていましたが、
コメントは初めてです。

・・・お母様のご冥福をお祈りいたします・・・
そしてご自身もお体に気をつけて過ごしてくださいね。

私も一昨年子宮けいがん、去年肺がんで手術しました。
そして今年は母が胃がんになり現在も闘病中です。
今母に転移の疑いが出ていてとてもつらいですが、
うちも母子ともに頑張っていきます。
これからもお邪魔させていただきますね・・・

まずお母様のご冥福をお祈り申し上げます。
献身的な看護、お疲れ様でした。
いつも読ませてもらっていました。
私自身、ガン末期で余命宣告を受けております。
献体を希望していますが、何をどうしたらよいのかも
希望後、どうなるのかも全然分からない状態です。
お辛い中、申し訳ないのですが、もしブログで少し詳しく教えて頂けたらと思っています。

お疲れだと思います。どうかご自愛下さいませ。

ココさん、我慢しないでいっぱい泣いてください。
そして少し落ち着いたら、思いをここに吐き出してくださいね。
でも、くれぐれも無理をしないで、
自分の体と心の声に耳を傾けて、
まずは充分に疲れをとってくださいね。

いつも読ませていただいていました。
お母さまのご冥福をお祈り申し上げます。
そして、看病お疲れ様でした。

私の母も末期癌です。今は未だ通院できていますが、
余命についても医師から聞かされています。
今度入院になったら、私も母にずっと付いていたいと
思っています。
不謹慎な言い方かも知れませんが、ココさんのブログを
読みながら、いつも末来の自分(母)と重ね合わせていました。
ですから、これからもココさんの気持ち、体験をお聞かせいただけると嬉しいです。

でも、まずは十分お体を休めてください。
寂しさは、なかなか癒えないかもしれませんが・・・。
本当に、看病お疲れ様でした。

ココさん、ずっとお母さんの看病をして来たんですもの、これからはゆっくり休養をとって下さいね!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも読ませてもらいました。
コメントは初めてです。
今週はなかなか開くことができなかったのですが、
今開いてビックリしてしましました。
ココさん、本当に頑張りましたね。
涙がとまりません。
私だったらこんな風には看病できないと思います。
本当にやさしい方ですね。
お母さんもタイトルにある様に
”やさしいきもち”で旅立たれたと思います。
誰もがいつかは経験する道です。
私も母を大事にしようと改めて思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。