プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぬくもり
12/7
母が亡くなってまだ3日。。。何だかもう、何ヶ月もたつような錯覚に陥ります。
入院中は、1日があっという間だったのに・・・
悲しい気持ちはありませんが、ただただ会いたい。。。眠れば夢の中で母に会えるかもしれないから・・・とそんな期待をしてしまったり。。。この気持ちが大切な人を失ったときに感じる気持ちなのでしょうか??

ぼんやり母との最後の一週間を思い出してみました。。。

私の顔を見て『良い子に育ったね。。。』とか私が『お母さん、大丈夫?』と聞くと『大丈夫』と必ず決まって答えてくれた母。その答えに安心してニッコリ笑う私に『ほ~んと、素直になったね・・・』としみじみ言ったり。。。

1ヶ月以上も病院にいて、前髪が伸びた私は、ピンで前髪を上げていましたが。。。その私のおでこをやさしく撫で、この方がスッキリして良いといって笑ったり。。。

今にして思えば、これまでは言葉にして言わなくても互いに通じていた感情を母はこの頃、素直に口に出していたように思います。

お決まりの『一緒に頑張ろうね』の私の励ましにも必ず頷いていました。。。寝ていても。。。

最後の日の夜も。。。思い出したことがあります。。。

目を覚ましてすぐの母に私は泣いてしまい、その私に向かって『お母さんは大丈夫だからないちゃダメ。。。』と言っていました。
実はこの後の会話も今にして思えば。。。と言うものです。
このときのいつもの様に『泣いてごめんね。。。一緒に頑張るんだったね!一緒に頑張ろう』そう言った私に母は『何を頑張るの?お母さん、もう頑張らなくて良いんだよ。。。もう頑張らないよ』そう言っていました。。。

その少し後には『お母さん、走るね・・・』とも。。。

訳が分からなくなってしまっているのかなとその時は思いながら会話をあわせ、そっかぁ。。。お母さん、走れるようになったんだ。良かったね、でも無理しないでね。。。と返しましたが、返事はなし。。。

その代わり、最後の数日はいつもより手を握る力が強かったように思います。特に最後の日。。。あの日は、ぎゅっと握った力がとても強かったのを覚えています。

きっと、そのとき母は、自分の魂が半分天国へ向かっていることを感じていたのかもしれないな・・・と思いました。

母のその無意識(意識的?)のやさしさで、私は母とつないだ手のぬくもりをしっかり覚えています。。。
あの晩も、あまりにしっかり握るので。。。こんなにしっかり握ってくれるから。。。私、お母さんとつないだ手のぬくもりえを一生忘れない。。。お母さんもね。。。そんな言葉をかけたのも思い出しました。。。

とても、元気だったし、数値は安定を示していた。。。だからまさかって思っていましたが・・・
今になって考えれば。。。

すべて、意識していなくとも、自然と二人一緒に最後の時の準備に入っていたのかもしれません。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←応援ありがとうございます。これからも見守ってください。。。





スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

温かいお便りありがとうございました。
最終的にお亡くなりになったことはとても残念に思います。

ですが、親子で病気に向き合い、共に闘えたことは意味深いものだと思います。
特にホスピスに移ってからは本当に親子としての絆を感じるものでした。

私の場合はあまりに急でゆっくりと会話することも、何かを感じる暇さえ与えられなかった気がします。

寂しさは日を追うごとに深くなり、ある日、ふっと軽くなったり…
そして日々に埋もれて行くのでしょう。

それでもきっと魂はいつも胸に生きています。
笑顔と言葉と。
ずっと生きてゆくんだと思います。

それがきっと
『やさしい気持ち』
ですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

~・お便りありがとう~・
・伊勢さま
そうですね。。。心にずっと大切に母の姿・言葉すべてをのこしていきたいと思います。
いつも母の気配を感じながら・・・強く生きていきます^^

~・お便りありがとう~・
・非公開でコメントを下さった皆様
本当にありがとうございます。
母の優しさ・・・これまでの私たちのやり取りをずっと応援して下って本当にありがとうございました。
今の私は完全燃焼後なのかなぁ??
随分グータラしてます^^;
1日1日があんなに貴重だったのに・・・今はぼんやり過ごしています^^;
せっかちの母に叱られそうです。。。^^;
まだまだ更新を続けていきますのでゆるゆるとお付き合いくださいませ・・・

~・お便りありがとう~・
・非公開でコメントをくれた友へ・・・
久しぶりでこんなにびっくりの記事を見て驚いたでしょう?
なんとなくこのタイミングでブログを開いたのは。。。母が知らせてくれたのかも知れないね・・・。
そうじゃなかったら、きっと心配していたでしょう??いつも私の不安や心配事を自分のことのように一生懸命に一緒になって心配してくれたもんね。。。
遠くアメリカの地から戻ってきたときには思い出話に付き合ってくださいね^^

~・お便りありがとう~・
・真妃マンマさま
非公開拍手コメントですがこちらにお返事させてください。。。
今日(すべてのタイミング)にも書きましたが人が亡くなるのにはベストのタイミングがあると私は思うようにしています。24時間ずっと付きっ切りだったのに最後の瞬間は一緒にいなかった。。。それも母が望んでそうして事だと信じています。きっと真妃マンマさんのお父様もそういう何か意図があってのことなのだと思います…そう思えば感謝の気持ちしか沸いてこないですよ…後悔はしちゃだめです^^えらそうにすみません^^;でもそう思いましょう~^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。