プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:看病
1/5
突然ですが・・・
皆さんの周りにはホスピスってありますか?
ホスピスが何かをご存知ですか?
きっとこちらに来てくださっている方は【ホスピス】が何かをご存知の方が多いと思います。
私は。。。ブログをやっていたお陰でホスピスを知ることが出来ました。。。
・・・と、言っても以前治療をしていた病院にも緩和ケアの小冊子が置いてあって目を通した事はありました。。。
でも、そこには痛みを和らげること=生活の質をあげること。。。と書かれているくらいでした。。。
(他と違いますよ~なんてアピールチラシ作れるわけないですものね・・・)
それで、私は前向きな治療を打ち切る時担当の先生にそれなりの総合病院なら痛みのコントロールは可能なんですよね?と聞きました。。。先生の答えはyes・・・。

しかし、そこに大きな違いがあったと後で気付きました。。。

痛みをとる事だけが治療ではないと言うことをはっきりと知りました。。。
・・・と言うか体験しました。
これまでずっと書き続けてきましたが・・・。

こんなにホスピスって終末期のがん患者さんとその家族にとってとっても大切なのになぜあまり存在しないのだろう??って思いませんか?
順番を待っている間に亡くなってしまう方が大勢いらっしゃる・・・順番を待ってやっとホスピスに入れても順番待ちが長すぎてホスピスでの生活がほんのわずかな時間しか得られなかったり・・・。

ホスピスの料金体制はご存知ですか?
個室料などが別途かかりますが。。。日額が決まっています。
治療に対していくらではなく決められた金額を納めるようになっています。
だから。。。もしかすると病院側は赤字覚悟・・・だったりするのかも知れませんね(すみません。。。あくまで私の個人的な考えです)

本当は、大きな総合病院や大学病院にだってホスピスは常設されていてもおかしくないんじゃないかな?って思います。
癌の治療をするなら大きな大学病院・・・でも、治療が厳しくなったら別の病院に移ってください・・・って・・・。
以前の私のように絶望感に苛まれた方って他にもたくさんいらっしゃるんじゃないかなぁと思います。。。

私自身・・・。近くの総合病院ではダメだ・・・そう考えてから本格的にホスピスの事を考えました。
県内には3つ。(検索では2つしか出てきませんでした)
どこも車で1時間~2時間以上。
県内が無理なら隣の福島県もあたってみようと調べたら1つ・・・。
少ない現実に一瞬、無理かも・・・と怯みました。。。
でも、ダメ元で県内の2箇所に電話、相談。。。
何とか、うまく運びました。。。
本当に運が良かったとしか言えません。。。

それと、もう一つ。。。
いつ、ホスピス行きを決断するか・・・。
どこまで前向きな治療に取り組むか。。。
誰だって最期まで希望を棄てずに頑張りたいですよね。。。だからこそ、ギリギリまで頑張るから。。。ギリギリになってホスピス行きを決断する。。。
もちろん、そうではなく、ゆったりと自分らしく生きたいからと早目に治療を切り上げる方や最後の最後まで前向きな治療をし続ける方・・・たくさんいらっしゃると思います。。。
ホスピスや治療の先生はホスピス行きを決断しなければならない患者さん自身のお気持ちをよ~く察して頂きたいなぁと思います。。。
そして・・・。
ホスピスに入ることを望んだ時、すぐに入院できるような体制が整う環境が出来ればいいなぁと思います。。。にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←もう少し応援お願いします。。。いつもありがとうございます

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

今年もよろしくです。

実際、治療をやめる決心ってなかなかつきませんよね。
もしかして治る。。。
とか考えてしまうんだよね。

外科治療ができるならともかく、できないなら最初からホスピスのある病院へっていうのもありかな。
その方がスムーズにホスピスへ移行できたんではって今は思う。
病院が遠い近いはあるけどね。

確かにある程度大きな病院には緩和ケア病棟を作ってほしいよね。

ココさん。
新しい年。
いかが迎えられましたか?

喪中につき、ご挨拶は省かせていただきますね。

世の中には様々な要望や希望といったものがあると思います。
ホスピスや緩和ケアに関しても老人介護にしてもそう。

現状ではおそらくは今の体制でさえ手一杯なのです。

今、運営されているホスピスなどはほとんどが運営なされている病院や経営なされている方、もしくは在宅ホスピス協会など、善意での運営で成り立っています。

携わる関係者の方たちの待遇などは劣悪な状態はずっと変わることなく、なんらかの意思がなくては続きません。

それらはすべて『苦しんでいる方たちを少しでも楽にしてあげたい』その思いだけで身を捧げている方たちがほとんどです。

近くにホスピスがあれば…
近くに介護施設があれば…
近くに想いをわかってくれる先生がいれば…

介護の苦しみを知れば、それらは永遠のテーマですね。

今の日本は落ちゆく経済状況にばかり目がゆき、社会福祉は後回しにされている気がします。

一人一人が意識を持って訴えかける努力をしなければならないのかもしれませんね。

大きな病院には緩和ケアの病棟を持つ病院も少なくはありません。
娘が最初に入院した病院にもありました。
ただ、それらを今の地方医療に求めるのは無理があります。
医療に携わっている身から考えても緊急医療やこうした緩和ケアにいたるまで、国は何も考えていないと思わざるを得ないのです。

知ってもらうこと。
訴えかけること。

私はそれが大事だと思えてなりません。

★お便りありがとう☆

・皆様へ
治療って本当に難しい・・・
日本が抱える医療問題・・・自分がかかわって始めて気づいたことがたくさんあります。。。そういったことを少しでも訴えていきたいと思っています。。。

母は、大学病院で治療をし、最後まで面倒をみていただけました。お母様と同じ病気です。
ホスピスの経験はありませんので、比較は出来ませんが、ホスピスのケアの方が良かったかもと悔やんでいます。
やはり回復の可能性のない患者には冷たいと感じました。。。経験が少ないせいかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。