プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:不安
こんばんは。

今日は・・・今日だけは愚痴を言わせてください。

今夜はとても後悔の気持ちでいっぱいなのです。
後悔と同時に正直、どうしたら・・・と言う葛藤も生まれています。。。

まず、数日前の母との電話。
『最近、夢枕にばあちゃん(母の母のこと)が出てくるんだ。。。ばあちゃんは自分が入院したときは先生にお礼を包んでいたし、お母さんが腰痛で病院通いしていたときも、お礼を包みなさいって言っていたから、今回もきっとそう言いたいんだと思う。だから、主治医・担当医へのお礼金、看護士さんたちへのお土産、士長さんへのお礼金を用意してもらえないかな?』と母。
この、件に関しては以前にも『今時そういうのは反対に迷惑になるんじゃないのかな?』と言う私の言葉でなくなった話でした。

でも、母は今回イレッサを服用することになり、体調を見て自宅療養に切り替わる。。。退院するし、化学療法と違って、入退院を繰り返すものではないから、今回の帰宅時に渡したいと考えたそうです。。。

母がそんな風に言うのなら、その気持ちを尊重してあげようかな。。。そう思っていたのですが、問題はここからで、先生二人が揃っているときに病院へ渡しに来て欲しいと言うのです。
先生が二人確実に揃うのは日曜日だと。
私の定休日の水曜日と木曜日はそれぞれ主治医・担当医が別の病院へ行くため、二人が揃うことはありません。

それは、難しいことだから、いつもお話をしてくれる水曜日の先生に退院やその後についての説明で別室に呼ばれたとき、に二人分の封筒を渡そう。。。母が手紙を書くと言っていたので母からそれぞれの先生へのお礼状ですって言って渡してもらおう。。。そういう事に決めたのです。。。

ところが、今日の電話で
『やっぱり、先生が二人揃っているときに来て渡して。。。』と再び。。。
私としては退院してからはこまめに肺の診察、脳への転移を調べるための診察などなど、外来で通院することになるので休む頻度が増える退院後より入院中はなるべく、そうならないようにしたいと考えているのです。。。
それに母はもしどうしても無理なら通院は電車で行けるから大丈夫だと言いますが、階段の上り下りなど、体力を使うようなことはさせたくない!!だから、退院後に重点をおきたい。。。そう考えているのだと説明しました。。。

しかし、母はシフト変わってもらえば良いじゃないか。。。と言ってきかないのです。
私の仕事はシフト制ではないので、定休日以外にお休みをもらうとしたら、自分でその日の分の仕事を別の日に割り振るか、水木のどちらかを出勤するかなのです。
ただ、他の人たちも水木定休なので、その調整がなかなかうまくいかないこと、月末は特に忙しくなるしうまくいかないことを説明しましたが母は電話口で相当起こっているのが伝わって来ました。
母もつらいだろうし、あまりこういった事で気をもませたくないという気持ちの反面、今の状況で残業も出来ない。。。金銭的にも時間的にもかなりいっぱいいっぱいだと言うことをなぜわかってくれないのだろう、会社勤めなのだから。。。という気持ちが正直複雑に絡み合っています。。。

また、先日も面会時間は2時~なのですが私は大体2時~2時半に会いに行くのですが、待っている人の気持ちを考えてもっと早く来て欲しい、家族は面会時間以外の早い時間でも来ていいのだから。。。もう帰れ!!と言われてしまいました。
家から車で2時間かかるので、2時に行くには12時には家を出ないとなりません。
休みの日は特にワンコの世話(掃除や散歩)、たまった洗濯や掃除など、そして退院が近い最近では母の部屋の改装?!準備などでとにかく午前中はそんな用事でいっぱいなのです。

早く会いたい気持ちもわかります。向かいのベッドの方の娘さんは資金援助はお兄さんたちに任せ、仕事を辞めお母さんの看病に専念するとの事で毎日面会に来ていたり、朝9時ごろから来ていたりされているようなのできっと、寂しさからかな・・・今まではそんなことなかったから。。。そう思うのですが、なんで分かってくれないんだろう、お母さんが病気と闘うことが一番つらくて大変なのは分かるけど、私も大変なんだって分かって欲しいな、だって今まで一番の私の理解者はお母さんだったじゃない。。。そう思うとつい、口論になってしまうのです。

そう言って口論した後、後悔をするのですが、じゃあ、どうしたら良いって言う解決策もないし、出来ることなら私だって仕事を辞めてお母さんのために毎日一緒にいたい。。。でも、そうしたら誰が資金的な支えになるの??万が一のときのために残しておかなきゃならない分もあるんだから。。。
お母さんが帰宅してからはもっと、残業も出来ないし。。。と言う不安もあるしでとにかく不安でたまらないのです。。。

こんな愚痴を書いている場合じゃないのは重々承知です。
今この与えられた時間は母への親孝行の為の時間なおですから・・・。
だから、愚痴は今日で最後にします。。。
不安な気持ちも最後にします。
そう自分に言い聞かせました。。。

明日からはまた気持ちを新たに頑張ります。。。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

うーーーーん・・・・難しいね・・・
まず、今の私たち世代は先生にお礼なんて・・と考えるけど、もっと上の世代はそうは考えない。
退院の時の菓子折りくらいは考えてもお金なんて・・と思ってしまう。
今はそういうの受け取らない病院がほとんどだけど、現金になると受け取る先生もいるんだろうか??
文章からすると「現金を渡すことは失礼で、受け取ってもらいない」と説明しても無理なのかな。。?
気持ちを尊重したいココさんの気持ちはわかるけど、おかあさんが落ち着いているときに、もう一度話してみたら?患者さん同士で「お礼をした」という話があるのかなあ~・・・・・
普段のお母さんから想像すると、今、かなり不安で仕方ないんだろうね・・
だから子供みたいにダダをコネてる。きっと冷静になったり、あとで考えると、無理なことを言ってることはわかっておられると思うけどね・・・・
シフトのことやお金のことは、きっちり何度でも説明したほうがいいと思う。
この状況の中で頑張っていこうって。
仕事を辞めたら収入がなくなるもんね。
できるならそうしたほうが一番いいんだろうけど。
お父さんは力になってくれないの?
やっぱりもう無理??
このままでは精神的にも肉体的にもココさん自身が参ってしまうのは目に見えてる。
誰か年上の人で、お母さんを優しく諭してくれる人はいない?
なんか、少しもアドバイスにはなっていないけど・・。
ごめんね。
明日でもまた、お母さんに手紙書くよ。
やんわりとココさんも頑張ってること、かくね。

私もよく「早く来て」と怒られたり、無茶なことを言われたりしました。一度泣きながら帰ってしまったこともあります。
看護師さんに相談すると、「どうしても不安や、病院生活のストレスを一番身近で一番甘えられる人にぶつけてしまうのよ」と言われました。
「無理なことばっかり言わないでよ」っていう気持ちと「私に甘えてくれてるのか」ってうれしい気持ちでちょっと複雑でしたが、とりあえず受け止めることにしてました。何日か間をあけて話をすると、コロッと考えが変わってたりしました。

お礼は、死亡退院した後に、お菓子を持っていきました。入院中も、外出する度にお土産を買って渡してました。いつも普通に受け取ってくれました。緩和ケア病棟だったからでしょうか。そこはわかりませんが・・・。
看護師さんに相談してみるのはどうでしょう?

自分がいっぱいいっぱいになってしまうと、どうしても優しく笑顔で接することができなくなってしまいます。私は疲れてても、頑張らなきゃと頑張ってましたが、疲れたときは疲れたって言って、休めばよかったと、そうすれば、もっと優しくしてあげられたのにと後悔しています。グチももっと吐き出せば(他の人に)良かったと思ってます。だからグチっていいと思います。ためこんでしまうと苦しいです。

たまには、ご自分の時間を作って、リフレッシュしてくださいね。

こんなことしか言えなくって、しかもえらそうに、ごめんなさい。

こんにちは
さらの友達です。
今時、医療従事者にお金を包むということはありません。
もし、渡しても何も変わらないと思います。
気持ちだけでいいと思いますよ~
もしお母さんの気持ちを考えるならば
「最近暑いから、冷たいお茶を差し入れしてきた~」
なんて感じでいいと思いますよ~


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。