プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
皆さん、こんばんわ

先日、本当に久々の更新にも関わらず、
すぐにコメントを下さって本当にありがとうございます。。。

感動して改めて、胸がじーんと熱くなるのを感じました。
ありがとう!!

さて。。。
今日は、その先日のスピーチの続きです。
数日前、大学からスピーチの時の写真と
学生の皆さんのちょっとした感想をまとめたものを
送ってくださいました。

いくつか、印象に残った感想を載せさせていただこうと思い、
再び更新してます・・・

・もし、私の家族が献体を望んでも正直受け入れられるか考えさせられました

・残りの実習を改めて気を引き締めとリくもうと思いました
・死んでしまった後も・・・と言うご本人やそれを受け入れたご遺族の気持ちを
踏みにじらないよう精一杯努力します
・誰かの何かの役にたてるなら・・・医療従事者と同じように献身の気持ちの上に私たちの
勉強が成り立っているという感謝の気持ちを忘れないようにしたいです
・遺族の方のお話を、自分に置き換えてみたら涙が止まりませんでした
・遺族のお話や涙を見て、献体者にも人生があったということを改めて実感しました


本当にどれも、学生の皆さんの正直な思いだなぁと思いました。
感想を読ませていただいて、母への思いが込み上げてきました・・・

本当に本当に良い経験をさせて頂いたと感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。。。

※母が後少しで帰ってきます・・・
その事はまた後ほど・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
母が、天国へ旅立ってから。。。
お伝えしたいことは伝えた。。。そう思い、こちらのブログの更新はずっとせずにおりましたが。。。

今日は、母が今お世話になっている大学で大学生の前で献体遺族の思いをお話ししてくるという非常に貴重な経験をさせていただいてきました。。。

今日の私が学生さんたちにお話しした内容です。。。



昨年3月母は肺がんを発症しそして12月に闘病生活を終えました。
その母に私は親孝行というものをしてきませんでした。。。
私が辛いとき、いつも隣には母の笑顔がありました。母の無限の愛に支えられて生きてきました。
その母の優しさはいつまでも続く。。。親孝行なんてあとですれば良いや・・・と感謝の気持ちすら伝えることなく生きてきました。
そんな私は、母の病気を通してたくさんの優しい気持ちを知りました。最後に母は私に大きな財産を残してくれました。

・・・
そんな母の生前を知る人は皆さん『明るくて、元気でパワフルでそして人のお世話をするのが大好きな人・・・』きっと皆さん、そうおっしゃると思います。
娘の私から見ても、それらの言葉がぴったり当てはまる、そんな母でした。。。

私が学生の頃です。学校を終えて家に帰ると、すでに友達がいて母の手料理を食べていた・・・なんてことは良くありました。誰からも、どんな人からも慕われる人でした。
困った人がいたら迷わず手を差し伸べ、慕われることで手をわずらわすことを面倒と思わず、むしろそれを喜びと感じることのできる人でした。。。

同じく、私が学生の時のことです。
そろそろ受験勉強始めないとね、という私の隣で母は『お母さんも勉強する』そう言いだしました。
なんの勉強を始めるのかと聞くと、ずっとやってみたかった介護の仕事に就くための資格を取る。。。そう言っていました。行動力があるうえに、努力家の母はヘルパーや栄養士、そして介護福祉士の資格を取り介護の道に進むという夢を実現しました。


元々の母の性格と介護の道に進んだという環境からでしょうか。。。
ある時母は私に『お母さんに万が一の時は献体を希望しているからよろしく・・・』そう言ったことがあります。
元気が取り柄の母でしたが、もしかするといつも病気を気にしていたのかもしれません。家には入院セットと呼ばれるトランクが1つ用意されており、何かの際にはこれを持ってくるように、そう言われていました。
・・・とはいえ、元気な母を目の前に献体と言われてもピンと来るはずもなくあの時の私は献体が何なのかすら考えることなく受け流していたように思います。
そして、3月病気を発症し入院した母が初日、ノートに献体を希望します。。。そう書き綴っていました。あの日、私は先生から母が末期の肺がんであることを聞かされていたので、そのたった1行の短い言葉が胸に突き刺さったあの衝撃を今でもはっきり覚えています。
その後、闘病生活中母は、新しい治療に取り組む際、体調が思わしくないときは決まって私にお母さんが献体を希望していると先生や看護士さんに伝えて欲しい、そう言っていました。
ただ、1日でも長く、奇跡を。。。と願う私は献体を受け入れてしまえば母の生きる力をあきらめてしまうようで怖くてどうしても受け入れることができませんでした。。
そんな、日々が半年ほど続いた時のことです。
母が私にお母さんの献体、反対?そう聞くのです。私は正直に、これまで親孝行もしてやれなかった。最後くらい普通に見送りたい。。。それに何よりも、献体を受け入れたらお母さんが生きることをあきらめてしまうようで怖い。。。正直に伝えました。
すると母は静かにこう続けました
『何のためにお母さんは、介護の道見進んだと思う?少しでも誰かの役に立てたら良いなぁ。。。そう思ったから。周りを見て。お母さんより若いのに、こんなにたくさんの人が病気で苦しんでる。。。お母さんは生きることを諦めてないよ。病気になんか負けない、そう思ってる。でも、もし病気に負けてしまって死んでしまうことがあっったら、その時は、死んだ後も誰かの何かの役に立てるなら、お母さんはその道を選びたい・・・』そう言っていました。
その言葉でやっと私は母の献体を受け入れることができました。

正直今でも、普通に見送るべきだったんじゃないか。。。そう思うこともあります。
でも、献体と言うもののお陰で最後に私は母の偉大さ、強さを知ることができたと感謝しています。

・・・

と、一部省略もしましたが、覚えている範囲でこんな感じでお話ししました。

そして、スピーチの後、献体のご担当の方がこうおっしゃっていました
誰かの何かの役にたてるなら。。。献体を希望される方は皆さん、そういう思いでいらっしゃるようです。
確かに、1ご遺体で学べる医学生は4名です(こちらの場合)
でも、長い目で見ていただいたときに、その4名が何人の患者さんと向き合っていくか。。。そう考えると、故人の偉大さを感じます。。。そして感謝します
。。。とおっしゃってくださいました。
確かに、そうだな・・・と。。。
改めて今日は私もたくさん学ぶことができた一日でした。。。

天国の母へ・・・
今日もありがとう。。。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
更新を続けてくださいとおっしゃって頂き本当にありがとうございます。。。
・・・でもこちらの更新は今日で最後にします。
ページの更新などはしていくつもりです。(リンク集など)
記事の更新は最後です。
母のこと、厚生省に問い合わせた件、その他色々伝えていくべきことが起こったときは元の日常を綴った方でお知らせしていこうと思っています。。。


1/7
感謝の気持ちを綴って。。。

今日で最後にします。。。

私たち母娘のブログにきてくださってありがとうございました


皆さんの励ましのお言葉やアドバイスがどれ程勇気をくれたか計り知れないほどです。。。
また、元気なうちに色々お話しておきたいことはお話しておいたほうが良いですよ・・・と普通ならこんなこと伝えるのは失礼なんじゃないかって躊躇してしまうようなアドバイスをくれた方もいらっやします。。。これは実際ご経験されたからこそのアドバイスです。。。
おかげで私は今、何も後悔していません。。。
ちょっとはっきりは母には言えませんでしたが、手元供養のこともきちんと話しておけました。。。
感謝の気持ちでいっぱいです。。。

これから・・・同じような気持ちになったり同じようなことをご経験される方がこのブログにたどり着いて少しでも何かのお役に立てたら幸いです。。。

だから・・・。
このブログはこのまま残しておこうと思います。
私たち母娘の奇跡・・・軌跡でもあるので・・・。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

最期に。。。

お母さんへ。。。

【やさしい気持ち】をたくさんくれたお母さん・・・。
私はもし来世と言うものがあるのなら、またお母さんの娘にうまれてきたいと思います。。。
お母さん、ありがとう。。。
私はいつまでもお母さんの娘です。。。
うんでくれて・・・育ててくれて・・・本当にありがとう・・・。
大好きなお母さん・・・
いつまでもいつまでも・・・。
ずっと見守っていてください・・・。

ありがとう。。。


そして・・・


皆様へ。。。

今まで私たち母娘を応援してくださった皆様本当にありがとうございました。
みなさんと、文字だけでのやり取りでしたが出会えた事は私にとって大きな大きな宝です。。。
本当にありがとうございました。。。
皆様と皆様のご家族が今日も明日もあさっても・・・ずっとずっと笑顔でいられます様に・・・。。。。。
ありがとう。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←最後の応援クリックありがとうございます。。。

その後の事(献体後の火葬や供養などなど・・・思い出話・・・)は元のブログ→こちらで綴っていこうと思います。
良かったらたまに遊びに来てくださいね。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/21
今日はほんの少しまじめな話題です・・・。

ブログ更新をお休みしていた間・・・。実は勤務の件で少々・・・(ホントに少々)揉め事が・・・(解決しました)

以前にも、母がホスピスに入ってから・・・。ずっと勤務の事を気にかけていた私。。。でも皆さんの『絶対に後悔しない方法を・・・』と言う励ましと、職場のご理解ある皆々様のお陰で、私は有給は全て消化し、欠勤までして母に付き添いました。。。
そのお陰で、看護・・・と言う意味では本当に悔いが残りませんでした。

でも、やっぱりそこで疑問に思ったのが、こういった状況の人への法的配慮が足りないのではないか?と言うことです。

以前、介護休暇給付金についてちょっとだけ触れましたこちら
そこで、ハローワークの方に尋ねると『在宅でない場合・・・つまり病院に入院している場合は家族の看護・介護は不要とみなされてしまうんですよね。。。必ずしも家族が必要とみなされないんです・・・』と言う回答でした。。。

正直この回答にはガッカリしました。でもこれが現実なんですよね。。。
勿論、給付金が欲しいわけではなくて。。。家族の助けが病院にいたら不用という考えそのものがバカらしい!!

ここからはより具体的に私の実際の経験をお話します。
母が発病した時・・・。緊急を要する状況でした。検査、診察・・・などなど仕事を休み病院や検査機関へ。
どれも当然1日がかり・・・。当然仕事は有給消化・・・。
近所の病院から、治療を受ける為、大きな大学病院へ転院。このときも当然有給消化・・・。
治療を決めるために先生と話し合ったりするために有給消化・・・。
母が体調を崩したと連絡が来れば病院へ駆けつける為・・・有給もしくは半日休暇・・・
一時退院の為お迎えなどの為・・・有給消化・・・。
容態が末期に近づけば近づくほど有給消化は増えました。。。

今まで、有給休暇をあまり消化してこなかったので、結構あった有給ですが・・・。
ホスピスに入る前などは、本当に母の体調が思わしくなく、随分と有給を消化したり毎日早退を繰り返させてもらい30日を切っていました。(7回の早退で1日有給消化というシステムにしてくれました)
そして、ホスピスに入ってからは。。。あっという間に有給もなくなり欠勤・・・。

でも、欠勤してまで看病したと言う後悔はまったくありません。
むしろ、私が24時間付いていたからこそ、あそこまでお母さん、頑張れたんじゃないのかな?と思う点もたくさんあります。24時間ついていたからこそ、たくさん触れ合う事が出来たと。。。
(この看護については後ほど)

介護休暇って。。。なぜ在宅介護の家族にしか認められないのだろう?と言うのが私の経験上素直に生まれた感情です。

看病している間、仕事の事や休みの事を気にかけない人はいないと思います。
でも、終末期に入った癌患者さんの家族にも数日だけでもそういった制度を利用させてくれてもいいものじゃないかと??
介護休暇を申請した人はその後そういった休暇を理由に減給やその他人事的な不利益を被らないそうです。。。
私の場合、幸い理解のある会社に恵まれ、ちょこちょこお休みをもらったり、最終的には欠勤までさせてもらったのにまた変わらず(今のところ~)復職させてもらえてラッキーだとしか言えないと思うのです。でも中には、辛い思いをした人も沢山いるのではないかと・・・??
賃金の事ではなく、そういった安心して看病に専念できる決まりくらい(被害を被らないとか・・・)入院患者の家族にもあって良いのではないかと。。。

看病に専念できる環境くらい必要じゃないかと。。。
何だか、うまく言えないのですが。。。ずっと、そんな疑問を持っていました。
これから、まだまだ核家族も増えるし。。。同じように頭を悩ませる人は大勢いるんじゃないかと??

癌患者さんに限らず。。。
在宅介護の休暇だって、全然日数足りないなぁと言う印象でしたし。。。

どこで線引きをするかは難しいと思いますが。。。
取り急ぎ、問い合わせに返答はもらえないそうですが、厚生労働省に思いを伝えるメールを送りました。。。

どうか。。。どうか。。。これから家族の看病を抱えている人たちが。。。安心して看護に取り組めますように。。。との願いを込めて・・・。

こちら。。。随時何か変化があれば更新していきます。。。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へたくさんの応援をありがとうございます。。。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
12/20
毎日更新してきたブログですが…
数日お休みしてしまいました。その間に色々な事がありまし。順次色々書いていきます!

最期、後悔のない看病ができた・・・。
でも日を追うごとに今度は元気だった頃、なんでもっと一緒にいろんな所に出かけたり・・・親孝行しなかったんだろう・・・そんな悲しさがこみ上げてきます。。。
みんな大切な誰かを失うとこんな風に悲しみは日を追うごとに増してしまったり・・・。
でも一生懸命前を向こうとしてみたり・・・。を経験するんだなぁとしみじみ・・・。


さてホスピスでの看護については一先ず後日にして今日は手元に届いた母地蔵についてです

色々考えて私は母を手元で供養する事にしました。
…と言うのもなぜか一年位前、ふと母のお墓はどうするればよいのだろう…と思った事がありました。まだ母が病気になる前です。それで私は母に聞いたことがありました。母は『将来あなたが結婚でもしてお墓を買ったら一緒に入れて欲しいな。一緒が良いなぁ…ぁ、でも名字違うか~。何かないかね?でもまだまだ先だし何か方法あるよね…』と言っていました。その時の事を思い出し、また献体でしばらくは手元に母もいないので手元供養にしようと決めていました。
そして選んだのが博國屋さんのお地蔵さんです。
母地蔵にっこり
↑クリックで大きくなります^^;

私なりに考えて・・・
でも母の気持ちも確かめなきゃ・・・
そう思い、あるとき母に病気になってきっと不安も多いだろうけど・・・
安心して欲しいから聞くね・・・そう言ってこれなんて可愛いよね・・・。将来的に考えてどうかな?とカタログを見せました。そして3色あるうちから母はこのタイプが可愛いねと指差していました。。。
だから、母が天国へ行ったとき迷わずこのお地蔵さんを。。。と思いました。

最近では。。。手元供養がそれなりに増えている様です。
お墓の維持や遠方のお墓。。。などなどの理由からのようです。。。


そして、もう一つ・・・。
母は将来私が家を建てるのをとっても楽しみにしていました。
よく、お母さんは何帖くらいのお部屋が良い?やっぱり慣れた畳?それともフローリングにしちゃう?などそんな話をしているときが本当に楽しかったです。
だから・・・いつになるなんて予定はないのですが・・・。母を私が建てた家に住まわしてあげたいと、一緒に住みたいと願っています。
献体が終わって火葬した後もしばらくは手元に残すつもりです。
その時はお骨がきちんと収まるようなものも検討しています。
(こちらも手元供養と言う形で色々提案されています)

そして・・・いずれは・・・。
お墓と言う形ではなくできれば私も一緒に入れるような樹木葬にしようと考えています。。。
お花が大好きだった母にぴったりです。。。

そんなこんなで、今日はこのお地蔵さん(後ろ側にはメッセージを入れられるようになっています。私は『やさしい気持ちをありがとう。これからも見守っていてね』とお願いしました)に出会えて、なんだかやさしい表情が母を思い出させ・・・。
病院にいたときのように何度も何度もお地蔵さんの頭を撫でて母のぬくもりを感じた1日でした・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←変わらず応援してくださる皆様ありがとうございます。。。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。