プロフィール

ココクローバー

Author:ココクローバー
栃木県在住の母娘

2008.03.05肺癌ステージ?を診断された母・・・
母一人娘一人・・・。
お母さんがんばって、そう言いながら自分自身も励ます応援ブログで
多くの患者さんと支える家族の皆さんから頑張るパワーを頂きました!!
2008.12.04 母は天国へ旅立ちましたが頑張った奇跡(軌跡)を残します


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

元気のもと!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ←1日1回クリックで私たち母娘を応援してください。。。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/29
今日の母。いまいち。雨も上がり晴天なのに…声も出なくて時々口を動かして何か話したそう。突然泣いたりも…手足もいつも以上に冷たくて血管も見えません。透き通る様に真っ白です。でも母は生きています!まだまだ私たち母娘は頑張ります!
さて今日は暗くならないような内容にしたいと思います。
…私がやっていてこれは母に効果あるんじゃないのかなぁと思っている事。それは香りの効果です。ホスピスに来てから毎日欠かさずやっていることがあります。アロマテラピーです。院内は乾燥が激しいし感染も避けたい、個室だし母の好きだった香りの部屋にしてあげたい、私もリラックスしたいなどの思いで洗面台に湯を張りオイルを垂らしたり母の愛用の抱き枕に香りをつけています。そしてマッサージオイルを作って少しでも長く点滴をさせるよう手、冷えが酷い足を軽くマッサージしています。マッサージと言うより軽くさする感じです。その効果か分かりませんが入院早々に血管の縮小もかなり激しいし点滴がさせなくなるかも。その時は痛み止めのみを皮下注射ねと言われていましたが、まだ点滴を頑張れています。スキンシップの効果もあるかなぁと思っています。後は脳への働き…末期癌患者さんは特有の臭いがするって聞いた事があります。末期癌じゃなくても体に不調なだけで臭いが出る事もあると思いますが…。
匂いって直接本能に働きかけるらしいです。そして体が反射するそうです。植物からのパワーでこの末期癌特有の臭いをごまかして母の脳をうまくだませているのかもしれないなあとも思います!
私がアロマや植物の勉強をするのをすごく喜んでいた母。そう言う効果もあるのかなぁとも思います!母が頑張れるのは沢山の人の支えや本人の強さもあると思います。…が今日は香りに絞ってまとめてみました!
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも皆さんありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/28
今日も低気圧の影響か眠り姫の母。心なしか顔色も悪く…心配です。
そんな今日おじ(母の兄)とおばがお見舞いに来てくれました。
お前もスタミナ付けろよ…たまには病院食(母が食べられなくなってからは看護士さんの親切で娘さんが食べて下さいと普通食を出してくれています。)じゃ飽きるでしょ…と言ってくれ院内のレストランでスタミナばっちりのメニューを…
その時おばにこう言われました。『今大変でしょう…でもねこうして一生懸命の時間を持てることは後で残された者の後悔が少ないはずよ。今は大変だろうけど。一生懸命やったって悔いが残るのが親孝行。親はみんな迷惑かけずにポックリいきたいって言うでしょ(今年初めに亡くなった祖母はそう言ってポックリ観音様に何度もお参りに言っていたので親戚一同合い言葉みたいになっていました)でもね、それじゃやっぱり残された者はそれじゃ、あぁしとけば、こうしとけばってもっと後悔するのょ。やってやりようがなかったってね。だから今はあなたの為の時間よ』と。おじにも『この後お前絶対良い人生待ってるよ!一生懸命やってれば必ず見てる人は見てる。だから辛いけど踏ん張れよ』と。
2人からの言葉…特におばの言葉はまた改めて私に頑張る力を…与えてくれたように思いました。
私のための時間でもあるんだ…言葉にして言われるとすごく重たい…何だか胸が熱くなりました。
こんなにお母さんと一緒の時間過ごせるなんて…こんな大切な時間を作ってくれて…
お母さん…ありがとぅ!
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつも応援ありがとうございます☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/27
今日は朝からどんよりしそして雨…こんな日は母は眠り姫になります(いつも色々雑用などをしてくるる方が今日はお母さん眠り姫ね…などと言って不安な私の気持ちを和らげてくれるので最近では今日はどう?眠り姫です…何て会話をしています)それでも時折手を伸ばし私が手を握ると安心した顔をしスーッと眠ります。今日の様な日はいつもよりデイルームにいる時間が増えます。夜になって目を覚ますかもしれないので少し私が休んだりもします。1ヶ月もいると他の患者さんのご家族とも顔馴染みになってきて少しですが会話をするようにも。雨の日は体調悪いですねぇ…うちもだよ~まだ寝てるよ…こりゃ夜眠れないね…とか。後は食事の話も。パッと目をあけ○○が食べたいとか何か飲む?の問いにうんと言われたらその場であげないと後でだとダメだよね…などと言う会話をしました。目を覚ました時に一番信頼している人がいないと泣いたり探したりパニックになるよね…等々。本人は大切な家族が仕事だとか今は寝ている時間だとかそう言う概念がない…というかいて欲しいって思いが勝っちゃうんだろうねとか。そう考えるといくら病院は完全看護だとは言え絶対家族の付き添いは大切で重要な役割だとお話しました。これは体験した人にしかわからない事だろうね…知らない人は病院に任せれば良いのにって言うもんね…と。
病気は違っても最後はみんな共通だね…と。延命の効果だってあるよねと。だからこう言う緩和ケア病棟みたいに家族がついて最後の最後までみるっていう施設や病棟はもっと増えたら良いのにね…と。同じ状況にいるもの同士会話が尽きない1日でした…
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/26
ここ3日間で私はとっても嬉しい事がありました。
一昨日泣いた母の横にずっとついていたのですがその時母は微かにベッドの横にズレて隣に寝なさい…と言う仕草をしました。そして横になった私の肩を母は包み込む様に手を伸ばしてくれました。ほんの一瞬でしたが凄く母の温かさを感じました。
それと昨日。毎週日曜日にボランティアでマッサージをしてくれる方がご近所の方のお見舞いに来たついでに…と母の足をマッサージに顔を出して下さいました。不思議とマッサージをして頂くと母は食欲が出るんです。そして何より嬉しかったのが私にお弁当を作ってきて下さった事です。ご自身の家族の闘病で付き添いをした時に嬉しかったのは手作りのおにぎりの差し入れが嬉しかったからと言って作ってきて下さいました。私は好きな料理は?と聞かれると必ず○○料理の前に母の作ったがつきます。特に好きなのが母の作ったおにぎりです。具もないただのおにぎり。でも母が握ったおにぎりが大好きで母もそれを知っていたので病気になってからも家に帰った時はずっと毎朝辛くても握ってくれていました。最後に食べたのいつだろう…また食べたいなぁ…そんな風にずっと思っていたのでおにぎりの差し入れが嬉しくて嬉しくて涙ぐみながらいただきました。
以前この今の時間は親孝行の時間だと思います…と書いたことがあります。でも今はそれ以上にもしかしたら神様が今まで何も考えずボーっと生きてきた私にもっと周りを見なさい、幸せは何でもない毎日に沢山あるんだから…と学ぶチャンスを与えてくれたのかもしれないな…と思います。神様=母かなぁとも…
母の病気を通して沢山の人の温もりを知りました。本当に貴重な体験をありがとぅございます。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へいつもありがとうございます
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:看病
11/25
昨夜家族室でウトウトした明け方3時前看護士さんが呼びに来ました…一瞬ドキッとしましたが、30分位前から目を覚ました母が泣いていると。慌てて部屋に行くと確かに。どうしたの?と聞いても全く無反応。目が覚めたら私がいなくて不安になったの?と聞くとかすかに頷きました。その後何事も無かったかのように朝までゴソゴソ…安心したのでしょうか…こういう事を何度か経験するとやっぱり家族は必要だ!と思います。完全看護の病院でも家族の存在は大きいのだと…いつ目を覚ますか私たちの様に健康な人間とは違って予想もつかない…そうなるとやはりそばについていないとって思います。
こんな前置きをしたのは『介護休業』や『介護休業給付金』についてちょっと触れてみようと思ったからです。以前から仕事をどうしようと何度も記事にしてきましたが…今はもう有給は消化してしまい欠勤の日々です。これが何ヶ月にもなるとやっぱり不安は募るばかりです。でも1日でも長くこの様な日々が続いて欲しいと願っています。今日は何か無いものかやっぱり介護休業を申請してみようか…そうすれば例え同じ様に欠勤だとしても何となく心強いしいざと言う時(解雇や減俸など)は盾になるしと携帯でせっせと…すると介護休業給付金と言うものあることを知りダメ元でハローワークへ電話。…やっぱりダメでした。介護休業も給付金も在宅看護のみ適応でその理由は入院している患者さんは必ず家族が必要だとみなされないんですよ、だそうです。それにしても介護休業給付金も確か四割の給付で日数も最大で96日…た、足りない。四割って希望退職した人の失業保険とかと変わらない…!?それに在宅看護ってどれほど大変かって思います。そうじゃない私だってこんなにクタクタなんだもん…と思います。これから核家族・一人っ子が増える中これじゃ厳しいよなぁ…それに病気によっては長期に渡ることだってあるだろうし…これじゃ看病する側もされる側も窮屈になっちゃう…もっと福祉関係何とかならないの…!?と悶々とした時間を過ごしてしまいました。
| BLOG TOP |

copyright © やさしい気持ち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。